• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界狙う「極度乾燥」

ロンドン発!ビジネス最前線

2011年1月17日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

英国のファッションブランド「Superdry」が急成長中だ。デザインに日本語を使いジャパンクールで若者の心をつかむ。株式を昨年公開、欧州を超え米国、中東まで世界展開を急ぐ。

 ロンドンの若者に最近、一風変わった日本語が浸透しつつある。「極度乾燥(しなさい)」だ。彼らがこの漢字を読み、発音できるかどうかは重要ではない。若者を中心に、時にはオジサン世代まで、流行に敏感な英国人が「極度乾燥」と書かれたジャケットやTシャツ、バッグを身にまとっている。

 これは「Superdry 極度乾燥(しなさい)」というブランドで、新興アパレルメーカーのスーパーグループ(SuperGroup)が展開している。英国人の多くは日本企業だと思っているが、紛れもない英国企業である。

昨年、英国で最も成功したIPO

 同社の創業は1985年。2003年にSuperdryブランドを立ち上げて以来、急成長してきた。昨年3月、ロンドン証券取引所でIPO(新規株式公開)を果たした。11月には株価が上場時の3倍以上に達するなど、昨年のIPO銘柄では最も成功していると言われている。

 実際、業績も好調だ。2010年5~10月期の売上高は前年同期比65%増の9030万ポンド(約117億円)を記録、税引き前利益も同86%増の1460万ポンド(約19億円)に拡大。英国内の店舗は同期間に14店増え55店となった。

 急成長の原動力は、デザインに日本語を使っていることだ。Tシャツやジーンズ、ジャケットなどのファッションは、米アバクロンビー・アンド・フィッチが得意とするビンテージ風のアメリカンカジュアルだ。そこにデザインとして日本語の漢字と平仮名を大胆に組み合わせたことが、欧米系ブランドとの差別化につながり、多くの顧客を引きつけている。価格も手頃だ。女性用のTシャツは16.99ポンド(約2200円)など10代でも十分買える。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「世界狙う「極度乾燥」」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長