• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ザッカーバーグを超える?20歳の才媛現る

12歳で起業、18歳でUCバークレー卒業

2011年1月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

シリコンバレーの新星

 日本でもフェイスブックの創業時を描いた映画「ソーシャルネットワーク」が公開となった。19歳で“ザ・フェイスブック”を立ち上げたマーク・ザッカーバーグに注目が集まっているようだ。

 しかし、アメリカでは既に次世代に注目がシフトしている。注目の的は、“女ザッカーバーグ”と呼ばれるジェシカ・マーである。9歳からプログラミングを始め、12歳で会社を立ち上げ、15歳で高校を卒業。18歳で名門カリフォルニア大学バークレー校(コンピューターサイエンス専攻)を卒業した。現在20歳である。

 彼女の事業はソーシャルメディアではない。なんともそれが一見地味なビジネスなのだ。ベンチャー創業者たちの財務管理ソリューションビジネスだ。シリコンバレーのベンチャー創業者は、技術にはやたら詳しいが、財務には弱い創業者が多い。技術は素晴らしいものの、財務の健全性が維持できず廃業してしまう小企業が多いのも特徴だ。財務担当者を雇うステージにまでたどり着けない企業も多い。

老練なビジネスモデル

 それらの企業が口座情報を入力するだけで、経費分析から資金繰りまで分析し、簡素で見やすいグラフにしてくれる。財務の「見える化」を実現するビジネスだ。「創業者には、財務の問題を気にせず、自らの技術で世界を変える事業に打ち込んでほしい」との理念でこのビジネスを立ち上げたたという。20歳の女性が練り上げたビジネスモデルにしてはすごい。彼女は小学生のころから「世界を変える」と言い続けてきたらしい。

 まだ「お試しユーザー」が多く、実際にサービスを購入するユーザーの拡大はこれからの課題だ。はるかに規模の大きな競合も多い。しかし、ジェシカは「ライバルが多いのは、事業に見込みがあるから。私たちのサービスがいちばん簡単で分かりやすくて割安よ」と自信満々だ。

 そして、その将来性は投資家たちから高く買われている。2010年9月に50万ドルの増資を試みたところ、シリコンバレーの高名なエンジェル投資家を中心に200万ドルを超える出資の申し出が殺到した。彼女は、そうそうたる投資家の申し出を断り、120万ドルに抑えた。これを契機に、前向きで自信にあふれる20歳の女性起業家に注目が集まったのだ。

 大柄で見栄えのする彼女はメディアの格好のターゲットになり、ウォールストリートジャーナル、ニューヨークタイムズ、CNBCなどアメリカのメディアでの露出も目立ち始めた。しかし、そんな状況にも浮かれることはない。彼女のブログは非常に刺激的だ。20歳ならではのチャレンジ精神と、アジア系の厳しい家庭教育の賜物だろうか、なんとも言えない老練さがにじみ出ている。

ベンチャーに失敗は許されない

 彼女は「メディアに出たら、出産でもしたように、お祝いのメッセージが友人や親戚からたくさん来た。ただ、お金集めに成功しただけなのに…創業間もない多くの起業家が“目新しいもの好き”のメディアのせいで、いちばん大事なものを見失う。お金を集めるくらい、学校の成績でAを取るくらいのこと。人生で記念すべき成功をしたわけでもない。お祝いが来るたびに頭の中で『勘違いするな』と翻訳しているの! これからなの! さあ、これから新商品開発に戻るわ」と自らを戒める。

 アジア系移民の出身であることにも誇りを持ち、シリコンバレーに新しい空気を持ち込もうとしているようにも見える。「シリコンバレーには失敗に寛大な文化がある。失敗は早いほうがいいと言われる。その言葉も好き。でもいちばん感謝しているのはアジア系移民である両親から言われた「失敗は許されない」という言葉。これが今まで最も嫌な言葉だった。でも今はとても賛同する。他人のお金で事業をするんだし、失敗していいわけはない。失敗できないという思いこそが、自分の生産性を上げていくの」。

 「シリコンバレーでいちばん大切なのは、人材の獲得。それは私たちの課題でもある。シリコンバレーのベンチャーといっても企業風土は様々だわ。私たちは、仕事やチャレンジを一緒に楽しめる、家族のような企業風土にしたいの。人材獲得は結婚と同じじゃないかな。理想の相手に会ったら逃さないよう結婚すべき。そして家族になるのよ。今後長い時間を共有して事業に取り組む家族に。新しい人材を招き入れるときは、家族としてメンバーに迎えられるかどうかが大きなポイントよ」。必要以上にビジネスライクだったり、オタッキーだったりする人が多いシリコンバレーの風土に、長期的視点に立って家族のような風土のベンチャー企業を目指す彼女は新鮮に映る。

コメント7

「田村耕太郎の「経世済民見聞録」」のバックナンバー

一覧

「ザッカーバーグを超える?20歳の才媛現る」の著者

田村 耕太郎

田村 耕太郎(たむら・こうたろう)

前参議院議員

早稲田大学卒業、慶応大学大学院修了(MBA取得)、米デューク大学ロースクール修了(証券規制・会社法専攻)(法学修士号取得)、エール大学大学院修了(国際経済学科及び開発経済学科)経済学修士号。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック