• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本人女性がもてる3つの理由

なでしこ姫はグローバル結婚市場での「勝ち組」

  • 山田 昌弘

バックナンバー

2011年2月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 なぜ、日本人女性は、海外でもてるのだろう。私は、海外で現地の富裕男性と結婚している日本人女性を見るたびに、日本人女性は海外の結婚市場での「勝ち組」といってよいのではないかという思いに駆られる。

 今回の調査でも、日本人女性の方は、現地のアジア人が好きだから結婚したという人はいなかった。ましてや、結婚相手を見つけるために、アジアに渡ったという人はいない。逆に、彼女たちから、「どうも夫は日本人女性が好みらしい」とか「私が日本人だから声をかけたと言われた」という話を聞かされる。

 場所はアジアである。欧米なら、エキゾチックで小柄な東洋人の一員として日本人女性が好まれるというのも分かる。米国や欧州で国際結婚している日本人女性は多いが、同じように中国人女性、韓国人女性も多い。モンゴロイドが主体のアジア諸国(東、東南アジアなど)では、背格好や顔立ちが現地の女性とそれほど違っているわけではない(トルコは多少違うが)。差はあったとしても、個人差の方が大きい。しかし、アジアにおいても、どうも「日本人」女性の人気が高いのだ。

日本人女性は「小綺麗」で「かわいい」

 話に聞くところを総合すると、日本人女性がもてる理由は、次の3つに整理することができる。1つは、容姿など外見の要素。2つ目は、態度、性格に関する要素。そして、最後に「日本人」というブランドである。そして、この3つとも、当たり前のことだが、日本にいる限り目立たないし役立たない。周りに日本人女性しかいなければ、本人もそれがもてる要素だと思わないし、日本人男性も気づかない。グローバル化が進んでいるとはいえ、比較できるほど多くの未婚の外国人女性が身近にいないからである。だから、海外に出て、初めて、日本人女性は、自分がもてることに気づくのである。

 まず、1つ目は、その外見である。総じて、日本人女性は「小綺麗」なことである。それは、服装や化粧など外見がそつなく「手がいれられている」ことによる。香港で言われていたのは、現地の女性は、普段は脇毛も含めて「むだ毛処理」をしないそうである。私のゼミの中国人女子留学生に聞いてみたところ、日本に来るまではむだ毛処理など面倒なことはしなかったし、周りでしている女性はいなかったそうである。

 また、日本人は、服装も、普段着でも、かわいくファッショナブルな服装で身を固める。高級品でなくても、髪飾りから靴下まで、かわいいものを身につける。そして、化粧、ヘアスタイルにも気を遣っている。日本人女性は、世界的に見て、日常生活している自分をかわいく魅力的に見せる技術に長けているといえる。そのための女性ファッション誌が大量に発刊されていることを見れば分かる。

 日本にいれば普通の外見をしているだけでも、アジアにおいて、いや欧米においても、現地の女性と比べて「垢抜けている」、つまり、ワンランク上の女性のように見えるのである(ただ、韓国や中国の大都市では、日本発の「かわいい文化」が急速に流入しているので、この点での有利さは長く続かないかもしれない)。

コメント17件コメント/レビュー

欧州在住で夫は欧州人です。冒頭の「夫は日本人女性が好きらしい」「日本人だから・・・」のくだり、絶句しました。個々人の人格でなく人種を見られているという明言されているのですよ?侮辱だと思いますが。夫にこんな風に言われて平気な人たち、他の方もコメントされているように御しやすい日本人女性が、そういう偶像を求めた外国人配偶者と結婚後トラブルにならなければよいのですが。この連載を拝読していて強く思うのは、少なからず影響力のある媒体で安易に国際結婚を煽るような真似はなさらないでいただきたいということです。国際結婚で海外に渡られた女性の多くが非常に苦労されています。国際離婚は多大な経済的・精神的・時間的苦痛を伴います。それが真実です。(2011/02/10)

「なでしこ姫はアジアをめざす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

欧州在住で夫は欧州人です。冒頭の「夫は日本人女性が好きらしい」「日本人だから・・・」のくだり、絶句しました。個々人の人格でなく人種を見られているという明言されているのですよ?侮辱だと思いますが。夫にこんな風に言われて平気な人たち、他の方もコメントされているように御しやすい日本人女性が、そういう偶像を求めた外国人配偶者と結婚後トラブルにならなければよいのですが。この連載を拝読していて強く思うのは、少なからず影響力のある媒体で安易に国際結婚を煽るような真似はなさらないでいただきたいということです。国際結婚で海外に渡られた女性の多くが非常に苦労されています。国際離婚は多大な経済的・精神的・時間的苦痛を伴います。それが真実です。(2011/02/10)

海外にいる女性がモテる理由と並べてあったものは時代遅れで、全然的が外れていると思います。海外へ行って働いている女性は自分をしっかり持っていて、じっくり考えた事を行動に移し、色々な経験をしてきているから魅力的。身なりを気にするのも家事をするのも自立した大人としては当たり前の事。そういうしっかりした女性が海外で選ばれているだけだと思います。日本人だから、なんてどうでもいい事だし、家事をしてくれるから、綺麗だからという理由だけで選ばれていたら、人間的魅力で外国人と結婚することになった日本人女性や、だらしのない、とレッテルの張られたほかのアジア人女性たちに失礼だと思います。(2011/02/09)

海外で日本人女性というだけで「モテル」わけではないというのが実感です。ましてや対等な関係を目指すのなら記事が指摘するようなところは、特に売りにはならないような気がします。日本人男性が「理想」とする女性像と欧米やアジアの富裕層が理想とする女性像には、かなりの隔たりがあるような気がします。記事の中に書かれているのは日本人男性の「理想」に過ぎないのでは?自国の女性と対等な関係が築けない問題ありの男性だったら記事にあるような女性像を探していると思いますが、対等なパートナーを探している人だったら、まず女性に求めるのが「頭の良さ」「精神の自立」と「自尊心」だと思います。(2011/02/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者