• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

仁義なき古書買い取り合戦

2011年2月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

節約志向の高まり、環境意識の定着などを追い風に成長する中古品市場。新規参入者が相次ぎ競争が激化する中、焦点は「調達」に。売り場で買った瞬間に、通販の箱を開けた瞬間に、もう調達合戦は始まっている。

 書店「文教堂」溝ノ口本店の売り場には、俳優・水嶋ヒロの処女作で、ポプラ社小説大賞を受賞した話題の小説『KAGEROU』が並んでいる。

文教堂では新刊本の一部に写真のような買い取りサービスを訴求するタグをつけている(写真:スタジオキャスパー)

 定価は1470円。そこには黄色い見慣れぬタグが掲げられている(右写真)。「こちらの商品、定価の30%で買い取り致します!」。1冊購入し、数日後に同店に持ち込んだ。

 レジの男性店員に声をかける。

 「これを売りたいのですが」

 「かしこまりました。少々お待ちください」

 店員に戸惑いはない。手慣れた様子で買い取りの手続きを進めていく。

 「こちらは420円となります」

 420円は本体価格の30%に当たる金額だ。店員はページをパラパラとめくり、ざっと本の状態を確認する。身分証明書の提示と署名を求められ、最後にレジから420円分の小銭を出して手渡してくれた。

 店頭の書棚には『KAGEROU』の新刊本が並んでいる。そこからほんの数mの場所の小さなかごに、同様に買い取ったであろう中古の『KAGEROU』が販売されていた。ビニール包装され、バーコード部分にシールが張られている。価格は980円とある。新刊本のちょうど「30%引き」という価格設定、つまり420円安い。

 定価で新刊本を販売する書店が、「定価の30%」で中古本を買い取って、新刊と並べて「定価の30%引き」で販売する。この光景は、急成長する中古品販売市場を象徴する1コマでもある。

 経済産業省の「商業統計」から推計すると、中古品販売の市場規模はおよそ5000億円。節約志向や環境意識の高まりを背景に需要は伸び続け、新規参入者も相次ぐ。ところがその旺盛な需要に応える供給、つまり消費者からの「買い取り」の拡大が難しく、成長や参入の障壁になっている。

 いかに早く、大量に人気商品を買い集めるか――。数少ない急成長市場を狙って、ブックオフなどの既存勢力と文教堂などの新規参入者が激突する中、ビジネスの成否を握る要点は「調達」に絞られつつある。

一刻も早く、1円でも高く

 インターネットで中古書籍などの買い取りサービス「Vaboo」を提供するバリューブックス(長野県上田市)は、インターネットの物販サイト「アマゾン」での書籍の購買者に、「お売りください」と書かれた買い取りのチラシを同封している。

 チラシに書かれた文言は、ブックオフなどの既存の古書店チェーンに対して挑発的だ。いわく「わざわざ重い本を車に積んで近くの本屋に売りに行ったら、ご飯代にもならないような値段で買い取られてしまった。こんな経験はないでしょうか」。

コメント6件コメント/レビュー

査定にコストがかかるから、という理由で「買い取りは定価の1割、販売は定価の5割」で大きくなったのがブックオフ。普通の本屋は仕入れの数割増で売るのに、仕入れの5倍で売ればそりゃ儲かりますわな。(2011/02/25)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「仁義なき古書買い取り合戦」の著者

池田 信太朗

池田 信太朗(いけだ・しんたろう)

日経ビジネスオンライン編集長

2000年に日経BP入社。2006年から『日経ビジネス』記者として、主に流通業界の取材に当たる。2012年『日経ビジネスDigital』のサービスを立ち上げて初代編集長、2012年9月から香港支局特派員、2015年1月から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

査定にコストがかかるから、という理由で「買い取りは定価の1割、販売は定価の5割」で大きくなったのがブックオフ。普通の本屋は仕入れの数割増で売るのに、仕入れの5倍で売ればそりゃ儲かりますわな。(2011/02/25)

◆最初の方の心配は杞憂でしょう。電子書籍は(今のところ)再販指定ではありません。App StoreでもAndroid Marketでも、各出版社がまちまちな値段で販売し、時によってはセールも行っています。◆売上が落ちるようなら、値下げ販売をすればいいし、出版社が値下げをしない(死蔵する)ならば、作者が版権を引き上げて他社に持ち込んだり、作者本人が販売したりということも可能でしょう。◆なお、現実には古書が売れても、出版社や作者には一円も入ってきません。消費者の利便性のみ語られて忘れられがちな点ですが、電子書籍化への道で注目されるべき点です。(2011/02/24)

ミステリーに代表される本は一度読めば転売したい。それがある程度高値で引き取ってくれるならなおさらだ。またもう読まないが希少価値のある本も売りたい。しかし既存の古本屋は古書の市場で価値のあるものしか扱いしたがらない。そこでBOOK-OFFが登場したけれどここの買い取りは基本的には新刊本で中身をわかる店員はいない。極論するとベストセラーも知らないのでは?と思わせる。重い思いをしてまず500円にも満たない値つけ。またBOOKーOFFでは服とかスポーツ用品等も一部の店で買い取りしているがここでもブランドの価値や市場での価値がわからない人が判断している。高値で買い付けするところが増えるのは大歓迎。(2011/02/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長