• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“生え抜き外国人”社長の勝算

  • 伊藤 正倫

バックナンバー

2011年2月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

オリンパスが勤続30年の英国人を次期社長に抜擢した。外部ではなく社内の出世レースを制した外国人社長は珍しい。“生え抜き外国人”が伸び悩む海外事業をてこ入れする。

 オリンパスが初の外国人社長の起用を決めた。4月1日付で就任する英国人のマイケル・ウッドフォード執行役員で、50歳の若さだ。菊川剛・現社長から一気に19歳も若返る。

 菊川社長の任期が10年近くに及ぶことから、次期社長として社内で本命視されていた取締役もいたが、ウッドフォード氏はほぼノーマークだった。欧州の事業統括会社の社長で東京に常駐しておらず、多くの本社社員にとっては遠い存在だったようだ。

 だが、ソニーや日産自動車に代表されるように、日本の大企業でも外国人のトップは珍しくなくなった。日本板硝子では外国人社長が実質的に2代続いている。海外収益の増加に伴い、世界規模で拡大する組織を掌握できる日本人幹部が少ないことが、経営のグローバル化を進める背景にある。

 20カ国以上ある欧州事業を率いるウッドフォード氏も、国際経験を買われて大抜擢されたことは間違いない。菊川社長によると、「リーダーシップと決断力、迅速な業務執行」が持ち味だ。半面、これまでの外国人トップとは一線を画す面も持っている。

 経営のプロとして出資先や提携先から招かれたのでなく、オリンパス一筋の生え抜きだ。20歳で英子会社の医療機器の営業マンとして入社して以降、勤続年数は30年に及ぶ。

 30歳でこの英子会社の社長に就き、その後も医療部門を中心に現地の要職を歴任。地域別営業利益で221億円(2010年3月期)と、米州の3倍以上を稼ぐ欧州事業の拡大に貢献した。「欧米でオリンパスのあらゆる事業に関わってきた」(ウッドフォード氏)。活躍の場が地球の反対側で日本人社員の目には留まらなかったが、日本的な出世レースを制して白羽の矢が立ったとも言える。

コメント2件コメント/レビュー

逆に外国企業の社長を日本人がやってるのは皆無です。イタリア人やフランス人やインド人や中国人がアメリカの企業の社長なんてざらなのに。(2011/02/23)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

逆に外国企業の社長を日本人がやってるのは皆無です。イタリア人やフランス人やインド人や中国人がアメリカの企業の社長なんてざらなのに。(2011/02/23)

私自身オリンパスのカメラをずっと使ってきていますし、友人もオリンパスイメージングにいるので、赤字だからといってカメラ事業をなくさないで欲しいですね。(2011/02/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授