• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

今あえて「1991年の新語」を振り返る(後編)

日本人が自覚する以上に「変化に対応できた」20年

2011年3月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前編からよむ)

 失われた20年が始まった1991年の「新語」や「流行語」を振り返る今回の企画。今週はその後編をお送りします。当時の世相と現在の世相を比較することで、社会がどのような「20年」を体験したのかを分析してみましょう。

1991年の「地球にやさしい」から2011年の「?」へ

 1991年の新語・流行語大賞(自由国民社)の表現部門・銀賞は「地球にやさしい」が受賞しました。現在でも環境問題を語る際によく登場する、息の長い表現です。

 筆者が把握している限りでは、この表現が初めて登場したのは、環境ラベリング制度の1つである「エコマーク」(日本環境協会)が登場したとき(1989年)でした。エコマークとは「環境保全に役立つ」と認定された商品が掲示できるマークのこと。地球を手で包み込むようなデザインのマークです。

 そして、このマークの上部をよく見ると「ちきゅうにやさしい」(原文ママ)という標語に気づきます。エコマークのモデルとなったドイツの環境ラベル「ブルーエンジェル)に「環境にやさしい」という意味の言葉(umweltfreundlich)が添えられていたことがヒントになったようです。

 余談になりますが、「地球にやさしい」のように「人間でないものに対して『やさしい』」とする表現は、それまでの日本語では一般的ではありませんでした。おそらく「地球にやさしい」や「環境にやさしい」が一般化したことから、「肌にやさしい」とか「胃にやさしい」などの表現も広まったものと思われます。

「優しさ」を向けるべき対象って何?

 さて前編からの流れを踏襲するならば、ここで「地球にやさしい」と似た立ち位置にいる現代の新語を紹介すべきなのですが、残念ながら適当な言葉を見付けることができませんでした。

 その代わりに、ここでは「マルチステークホルダー」(あらゆる利害関係者)という概念を紹介しておきたいと思います。企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)に関連する用語です。

 CSRとは「企業は利益を追求するだけでなく、法令遵守・人権尊重・環境保護などの社会的な責任も果たすべき」との考え方を指します。いっぽうマルチステークホルダーとは、CSRの観点で見たときの利害関係者を総称します。つまり顧客、投資家、従業員のみならず、地域社会や環境なども総合的に利害関係者としてとらえるわけです。

 最近は企業の間に、「多様なステークホルダーと対話(ステークホルダーダイアログ)し、これを経営に生かすべき」との考え方(ステークホルダーエンゲージメント)が浸透しつつあります。これを「地球にやさしい」のように言い換えると「あらゆる利害関係者にやさしい」という表現になるかもしれません。

 筆者の私見ですが、そもそも「地球にやさしい」という表現は、「問題の核心をぼかした」表現だと思っています。地球の環境がどのように変貌しようとも、意思を持たない地球が「困る」わけがないからです。「地球にやさしい」は、実際のところ「人にやさしい」とすべき表現なのでしょう。

コメント0

「社会を映し出すコトバたち」のバックナンバー

一覧

「今あえて「1991年の新語」を振り返る(後編)」の著者

もり ひろし

もり ひろし(もり・ひろし)

新語ウォッチャー(フリーライター)

CSK総合研究所を経て、1998年から新語専門のフリーライターに。辞書・雑誌・新聞・ウェブサイトなどに原稿を提供中。2009年より『現代用語の基礎知識』(自由国民社)で「流行現象」のコーナーを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長