• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

消費者は食料品確保に躍起

都内スーパー、買いだめ客が殺到

  • 戸川 尚樹(日経ビジネス記者)

バックナンバー

2011年3月12日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東京都江東区にあるスーパー、イトーヨーカドー木場店の食料品売り場は、12日午前10時の開店と同時に買い物客でごったがえした。10分も経たずして、カップラーメンやパンなどには商品がほとんどなくなった。多くの客が、肉や魚、野菜、カップラーメン、水、ジュース・・・などを買い物カゴいっぱいに詰め込む。

 震災によって、食料品・飲料の配送に支障を来すことは必至。今のうちに食料品を買いだめしておこうというわけである。来店前は「商品を必要最低限買えばいい」と考えていても、周囲の買いだめの様子に感化され、できるだけ買うといった客も多いことだろう。記者もその1人である。

 10カ所以上あるレジは、どこも長蛇の列。記者が10時半に並んで精算するまでに40分かかった。レジに並ぶ客の列は途切れる様子がない。11時過ぎに並んだ客は、1時間待ちも覚悟せざるを得ないだろう。食品売り場の混雑はすごいものの、客同士、客と店員がもめる、といったことはなかった。互いにスペースを譲るなど、皆、事態を踏まえて冷静に対処している点が印象に残った。

 食料品売り場が、人であふれ返っている。その一方で、普段はそれなりに客が集まる化粧品売り場や靴売り場は閑散。消費者は、店内で最も人が行きかう中央エリアに特別設置されたホワイトデーコーナーの商品には目もくれない。今日明日の食料品確保に走っている。14日月曜日のホワイトデーどころではない、といった状況だ。

 イトーヨーカドー木場店では衣料品や本、ベビー用品、スポーツ用品などを扱う2階、3階を閉鎖。店員は、「一部の照明が落ちており、安全を確保するため」と説明していた。ただし、2階にも生活必需品がある。例えば紙おむつ。店員が2階から紙おむつを1階に運び、専用のコーナーを作るなどし、顧客対応に追われていた。

コメント3

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員