• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東電管内・輪番で計画停電へ

5つのグループに分け、昼間に3時間程度ずつ

  • 山根 小雪(日経ビジネス記者)

バックナンバー

2011年3月13日(日)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本がこれまで経験したことのない、大規模停電が3月14日月曜日から始まる可能性が濃厚になった。東京電力管内は、企業もオフィスも、病院も家庭も問わず、昼間に3時間停電することになりそうだ。

 資源エネルギー庁の細野哲弘長官は3月13日15時に会見し、東京電力管内で大規模な計画停電について言及した。東日本大震災の猛威が、福島第一、第二原子力発電所を襲った。現在、原子力発電所はすべて止まっている。3月12日には、原子炉の冷却ができず、爆発が起きる事態に。爆発が起きた1号機は復旧不可能、それ以外についても、相当の時間を要することは容易に想像がつく。

記者会見する海江田万里・経済産業大臣(中央)と細野徹・資源エネルギー庁長官

 東京電力の試算では、電力需要が少ない週末は停電を回避できたものの、工場やオフィスが稼働する月曜日には、需要の4分の1程度の電力が足りなくなる見通しだという。この4分の1という数値は、他の電力会社から、融通してもらう分を加味したものだ。

 計画停電は、東京電力の管内を500万キロワットごとに5つのグループに分ける。1日3時間ずつグループごとに停電する。

 官庁や放送局、新聞社などが集中して立地しているエリアについては、「首都機能を維持するために除外する」(細野長官)。医療機関などを個別に対象外にすることはできず、一律の停電となるようだ。非常用電源を保有していない医療機関などへは、東京電力が電源車を派遣したり、小型の発電機を貸し出したりすることも検討しているという。

 計画停電は、最低でも数週間続く見通し。「いま稼働していない火力発電所を稼働させるが、点検には時間がかかる。数週間で動かせるものもあるが、もっと長い時間を要するものもある」(細野長官)。

 計画停電の詳細なプランについては、現在詰めている段階。停電は早くとも明日の朝からになりそうだ。今後、停電時間とエリアに関する詳細な情報が公表される見込みだ。

■変更履歴
1ページ2段落目、「細野徹」は「細野哲弘」の誤りでした。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2011/03/13 22:50]

コメント5

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)