• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大震災を平成版マーシャルプラン作成につなげよ!

日本に対する世界の評価:「賞賛」から「懸念」へ

2011年3月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

圧倒的な日本への同情

 人類観測史上最大級の地震が日本を襲った。こちらアメリカでもリビア情勢を横に追いやって最大のニュースとなっている。繰り返し流される地震や津波の映像を見るたびに胸を痛める。

 今回は移りゆくアメリカの、日本への想いについて私なりの分析をして発信したい。日本への想いは「同情」→「賞賛」→「自己反省」→「賞賛」→「懸念」へと変化しているように思う。もちろん、これらの想いが入り混じりながらであるが。

 「同情」については言うまでもない。日本は世界一他国から好かれている国だと思う。アメリカのビジネスリーダーや学者に日本ファンは本当に多い。

 私の母校エール大学は、副総長の英断で「さっそくチャリティーコンサートを実施する」と私にメールをくれた。不覚にも涙がこぼれ落ちた。今日まで「私の心は日本にある」という言葉やメールを何度もらったことか。米国では、大統領選挙以外、国民が一つのニュースを共有することは珍しい。だが、日本の巨大地震の話題は大学からコンビニの店員まですべて共有。レジで「俺の責任で2割引きにする」との申し出にまで出会った。

 次に「称賛」について。
 地震の報道や知識人の反応で、私の想定以上に多かったのは日本に対する称賛だ。東京をはじめ、日本各地で巨大地震をカバーする外国人レポーターたちが「日本人の秩序ある冷静な対応」や「日本都市インフラの地震への準備」を称えている。

 日本人の規律と協調性は、この地震を契機に、世界でさらに広く認識され評価されている。世界は改めて驚いているようだ。

 CNNの報道番組で地震専門家は「日本の国民はミラクルだ。被害は確定しないが、他国だったら数倍の被害になっていただろう。今回の巨大地震は30万人以上の犠牲者を出したハイチ地震の500倍以上の威力だ。津波到達まで5分しか時間がなかった。信じられないほどの素早い対応だ。この国の国民には常に準備がある。この国は常に非常事態に準備ができているのだ」と興奮気味に激賞した。

止まぬ日本への称賛

 CNNに素人レポーターとして登場した千葉在住の米人学生は「私は混乱したが、周りの日本人は違った。落ち着いて周りの人同士で声を掛け合っている。お互いの状況を確認し励ましあい助け合う。日本人は偉大だ。日本は大丈夫だよ」と語り、パニックを期待したCNNアンカーをガックリさせていた。

コメント11

「田村耕太郎の「経世済民見聞録」」のバックナンバー

一覧

「大震災を平成版マーシャルプラン作成につなげよ!」の著者

田村 耕太郎

田村 耕太郎(たむら・こうたろう)

前参議院議員

早稲田大学卒業、慶応大学大学院修了(MBA取得)、米デューク大学ロースクール修了(証券規制・会社法専攻)(法学修士号取得)、エール大学大学院修了(国際経済学科及び開発経済学科)経済学修士号。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック