• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

低価格品でアジアも席巻

2011年3月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「これ1本で完結」をウリにした、多機能型スキンケア用品が売れている。

 気を吐いたのは資生堂だ。

 「専科 保湿クリームからつくった化粧水」は、2010年9月に発売したスキンケア用品だ。特徴は、化粧水でありながら、肌に保湿クリームの潤いを与えることができるという多機能性にある。発売後、4カ月で累計出荷個数は300万個に達した。

資生堂の「専科」シリーズ。いずれも、店頭価格は1000円を切る低価格帯だ

 2011年2月中旬には日焼け止め「専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル」(全2品目2品種、店頭価格700円前後)を、3月中旬には美白化粧水「専科 美容液からつくった化粧水」(全4品目4品種、店頭価格980円前後)を発売した。UVジェルはメーカー出荷数ベースで、当初計画を3割超えるペースで推移している。

 カネボウ化粧品は3月18日、配合成分と多機能を重視した低価格志向の新ブランド「潤 高保湿液」を発売した。高まるセルフスキンケア志向に応える商品で、「拡大する低価格スキンケア市場に本格参入する新ブランド」(カネボウ化粧品)としている。

 1本で化粧水、乳液、美容液の効果が得られる点が最大の特徴だ。低価格志向の消費者に向けて、詰め替え用も用意している。

 カネボウ化粧品は2010年9月に「経済応援型」を意識したスキンケア用品「フレッシェル ザ ベーシック」を発売。化粧品、乳液などをラインで用意し、さほどお金をかけずに同じブランドの商品を買い揃えられる点をウリにしていた。

 「潤」の店頭価格はボトル入りで約980円、詰め替え用が約800円。低価格は維持しつつ、「BBクリーム」などに代表される多機能型スキンケア市場を意識した。同ブランドを投入することで、単機能派から多機能派まで、セルフスキンケアユーザーを余すところなく取り組もうと目論む。

 日本における2010年の1000円以下セルフスキンケア市場規模は、2006年を1割強上回る水準。ロート製薬の「肌研(ハダラボ)」など、大手化粧品メーカー以外の参入も相次いでいる。中でも、多機能型化粧水が売れる背景には、「いろいろなアイテムを買い揃えなくて済む」という節約志向がある。スキンケアの時間を短縮できる点も、働く女性や子育てに時間を取られがちな女性層に支持される理由の1つだ。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「低価格品でアジアも席巻」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員