• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

原発なし、電力7割で生活しますか

幸福とエネルギーの関係、もう1度考えてみよう

2011年3月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月11日の東日本大震災以来、東京電力福島第一原子力発電所では、予断を許さない状況が続いている。そこで今回は、元東京大学アイソトープ総合センター長で、東京大学名誉教授の唐木英明氏に、東京電力福島第一原子力発電所の事故と今後のエネルギー社会のあり方について話を聞いた。

(聞き手は山田久美)

―― まず、今回の東京電力福島第一原子力発電所の事故について、率直なお考えをお聞かせ下さい。

元東京大学アイソトープ総合センター長で、東京大学名誉教授の唐木英明氏

 唐木 これまで日本は安全・安心な社会の実現に向けて、国も尽力してきたし、科学技術も発展させてきたと思います。しかし、残念ながら、今回の東日本大地震と大津波は予想をはるかに上回る大規模なものであり、想定外だったと言えるでしょう。それが甚大な被害を食い止められなかった最大の理由だと思います。

 「危機管理」といった場合、まず、危機の“規模”を想定しなければなりません。どのような災害が起こる可能性があるのかといった“前提”を定めない限り、対策を立てることはできません。今回はその前提が覆されたということです。

「止める」「冷やす」「閉じ込める」はどうだったか

 原子力発電所の安全対策の3原則は、「止める」「冷やす」「閉じ込める」です。今回の東京電力福島原子力発電所の事故では、地震の発生と同時に制御棒が動作し、「止める」という機能は、設計通り、完遂されました。しかし、津波によってディーゼルエンジンがすべて停止してしまったため、「冷やす」という機能が麻痺し、その結果、「閉じ込める」という機能も失われてしまいました。つまり、地震対策に関しては成功したものの、津波対策に関しては不十分だったということになります。

 では、今後、どのような安全対策を立てるかが問題です。原子力発電所はすべて沿岸地域にありますから、津波対策は非常に重要なテーマです。

 ここでポイントとなるのが、危機に対する“前提”をどう定めるか、です。前提を厳しくすればするほど費用は膨大になります。これは税金に直結します。

 今回、三陸海岸には、11メートルの高さの防波堤が設置されていました。それにも関わらず、想定をはるかに上回る津波が発生したため、結果的には、災害を阻止することができませんでした。では、今回のような1000年に1度とも言われる大津波に備えて、今後、膨大な税金を投じ、危険な沿岸地域すべてに20メートルの防波堤を設置すべきかどうか。これは意見が分かれるところです。

危機に対する前提をどこに置くか

 その具体例として、「高規格堤防」があります。高規格堤防事業は、100年から200年に1度の大洪水を想定した堤防です。

 これまで、自民党政権の下、利根川や江戸川、荒川などで整備が進められてきました。しかし、特に利根川の場合、全体の高規格化まで約1000年かかるとの試算もあり、建設には長い年月と膨大な費用が必要なことから、民主党政権に移った際、この事業は中止になりました。これは危機に対する前提をどこに置くかの考え方の違いです。

 実際、自然災害には地震、津波、台風、落雷、竜巻、地すべり、雪崩などさまざまなものがありますが、いくら安全対策を講じたとしても、自然災害を完全に防止することはできません。

 このようなことを総合的に考慮して、我々はどのような前提の下、どこまでの安全対策を講じるべきなのか、今ここで国民全員が立ち止まって、真剣に考えるべき時なのではないでしょうか。

コメント65件コメント/レビュー

「想定外」などという便利な逃げ言葉で今回の原発事故をしかたがないこととして片付けようとする神経がどうしても納得できない。普段は絶対安全と言いながら、その根拠が破綻すれば、責任回避の発言を繰り返す。日本のリーダー層や知識人の多くにこのような無責任な考え方を持つ人がいることは大変憂慮すべきことだと思います。唐木氏は3原則のうち、「冷やす」「閉じ込める」が津波によって不可能になったが、地震対策は成功した。と述べて、その上で、危機に対する「前提」を厳しくすれば、費用が膨大になる。と言っています。しかし今回の問題は発電機が水をかぶって、動作不能になったことが原因です。この事故を事前に回避することにそれほど膨大な費用が必要だったか疑問です。この問題は費用の多寡の問題ではなく、何が最も重要であるかの視点が欠けてたのではないか。3原則がただのお題目にすぎなかったのではないか。原子力と言う恐ろしいエネルギーを扱うにあたって、考えられるべきリスクの回避策に甘さがあったとしか言えない。これは費用の問題では無い。防波堤の問題にしろ同じである。少なくとも原発を守るだけに限定した防波堤だけでも築くべきである。唐木氏は「今後、膨大な税金を投じ、危険な沿岸地域すべてに20メートルの防波堤を設置すべきかどうか。これは意見が分かれるところです。」と言っているが、意見の分かれようが無い話である。少なくとも原子力発電を推進する側の企業や知識人はこの重要なポイントで「意見が分かれるところです」などと甘いことを言っているようでは、話にならない。ここは「是非20メートル以上の防波堤を設置すべき」というべきでしょう。人の命、将来の日本、世界の環境に甚大な影響をもたらす恐ろしいエネルギーを扱うにあたって、われわれは、傍観者的、評論家的であってはならない。ことに、議論をリードする知識人は注意して欲しい。甘い言論や無責任な議論が、ひいては電力会社の経営陣の危機意識を下げることにつながっているような気がする。(2011/04/15)

「日本キラピカ大作戦」のバックナンバー

一覧

「原発なし、電力7割で生活しますか」の著者

山田 久美

山田 久美(やまだ・くみ)

科学技術ジャーナリスト

早稲田大学教育学部数学科出身。都市銀行システム開発部を経て現職。2005年3月、東京理科大学大学院修了(技術経営修士)。サイエンス&テクノロジー、技術経営関連の記事を中心に執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「想定外」などという便利な逃げ言葉で今回の原発事故をしかたがないこととして片付けようとする神経がどうしても納得できない。普段は絶対安全と言いながら、その根拠が破綻すれば、責任回避の発言を繰り返す。日本のリーダー層や知識人の多くにこのような無責任な考え方を持つ人がいることは大変憂慮すべきことだと思います。唐木氏は3原則のうち、「冷やす」「閉じ込める」が津波によって不可能になったが、地震対策は成功した。と述べて、その上で、危機に対する「前提」を厳しくすれば、費用が膨大になる。と言っています。しかし今回の問題は発電機が水をかぶって、動作不能になったことが原因です。この事故を事前に回避することにそれほど膨大な費用が必要だったか疑問です。この問題は費用の多寡の問題ではなく、何が最も重要であるかの視点が欠けてたのではないか。3原則がただのお題目にすぎなかったのではないか。原子力と言う恐ろしいエネルギーを扱うにあたって、考えられるべきリスクの回避策に甘さがあったとしか言えない。これは費用の問題では無い。防波堤の問題にしろ同じである。少なくとも原発を守るだけに限定した防波堤だけでも築くべきである。唐木氏は「今後、膨大な税金を投じ、危険な沿岸地域すべてに20メートルの防波堤を設置すべきかどうか。これは意見が分かれるところです。」と言っているが、意見の分かれようが無い話である。少なくとも原子力発電を推進する側の企業や知識人はこの重要なポイントで「意見が分かれるところです」などと甘いことを言っているようでは、話にならない。ここは「是非20メートル以上の防波堤を設置すべき」というべきでしょう。人の命、将来の日本、世界の環境に甚大な影響をもたらす恐ろしいエネルギーを扱うにあたって、われわれは、傍観者的、評論家的であってはならない。ことに、議論をリードする知識人は注意して欲しい。甘い言論や無責任な議論が、ひいては電力会社の経営陣の危機意識を下げることにつながっているような気がする。(2011/04/15)

原子力が危険だというみんな、去年、メキシコ湾で何が起きたか忘れてしまったのか?3月11日に千葉で何が起きたかは? ナホトカ号という名前に聞き覚えは?日本一国が毎年排出する12億トン超の二酸化炭素がどれほどの量か、考えた事は?自然エネルギーに移行しようというみんな、日本一国が1年間に消費する電力と、マグニチュード9の地震エネルギーを比べてみたことは? 更に、電力以外も含んだ総エネルギー消費とは?それらを理解した上で、何が現実的なのか、考えるべきではないのか?(2011/04/12)

人間は傲慢になりすぎていたのだと思います。特に、経済成長を目指して、技術革新、技術革新と叫ばれましたが、技術革新で失われたものの大きさを皆自覚しているのでしょうか。今回の地震でトイレの水は3回に1度流すことにしました。無駄な電気は使わないことにしました。それでも今のところ生きていますし、不便はありません。テレビは見るに値する番組がありませんので、見る必要もあまりありません。ニュースはラジオでも聞けます。などなど、人間が制御不能な原子力を推進する必要はないでしょう。人の英知と技術云々と技術者はいいますが、東京電力のアナログ的な人海戦術的対処の方法を見ていれば、人間には制御は無理だと思います。原発推進派は自らが福島原発の作業に出向く覚悟があるのでしょうか。(2011/04/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長