• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東日本大震災で注目された「コトバ」の備忘録

海外は、ネットは、この国難をどうとらえたのか?

2011年3月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回の関東大震災に引き続き、今回は「東日本大震災に伴って登場した新語・流行語」を取り上げます。これらを観察することによって、社会背景を探ろうという試みです。

 もちろん震災は現在も進行している出来事です。おそらくこの記事が公開されているころには、新しい出来事が起こっていることでしょう。そのうえ執筆中の現在(3月28日)は、まだ被災された皆さんの生の声が筆者の耳に届きづらい状況が続いています。震災関連語をまとめる時期として早すぎるかもしれません。そこで今回は、現時点で登場している震災関連語の「備忘録」のつもりで書きつづってみました。

メディアによって異なる震災の名称

 「今回の震災をどう呼ぶのか」について、マスメディアは若干の混乱を起こしているようです。

 一連の災害(地震・津波・原発事故)の端緒となった2011年3月11日14時46分の地震には、気象庁が当日のうちに名前をつけています。地震の正式名は「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」(英文名称:The 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake)です。

 ただ地震・津波・原発事故などを総称する「震災名」については、現在のところメディアによって呼称が別れています。日経ビジネスオンラインなどは「東日本大震災」。NHKなどは「東北関東大震災」、読売新聞などが「東日本巨大地震」、日本テレビなどが「東日本大地震」という呼称を使っています。

 また国内の一部メディアや海外メディアの中には「3.11」という表記を使うところもあります。これは2001年9月11日に起こった米国同時多発テロ事件の通称「9.11」を意識した名づけであるように思います。

公式の名前が「答」とは限らない

 似た混乱は、1995年1月17日の「阪神・淡路大震災」でも起こりました。当初この震災はメディアによって「阪神大震災」「関西大震災」「関西大地震」などのように呼称が別れていたのです。

 呼称がまとまったのは、政府による呼称が定まって以降のことです。政府が「阪神・淡路大震災」という統一名を定めたのは同年2月14日の閣議でのことでした。

 ただ「公式な名称」や「一般に広まった名称」が、万人に受け入れられるとは限りません。例えば2004年10月23日に新潟県中越地方で発生した地震とその災害について、一般には「新潟県中越地震」という名前が定まっています。しかし被災地の新潟県は「被害の規模を認識してもらいたい」という立場から「新潟県中越大震災」という呼称を公式に使っています。

 復興事業を進めるに当たっては、その災害名がどれだけ的確であるのかが重要となります。例えば「阪神・淡路大震災」という呼称については、明石市(神戸市の西に位置しており「阪神」に含まれないとも解釈できる)で「被害の実態に即していない」との批判がありました。災害名に含まれる「災害の規模や範囲」の情報は、復興政策に携わる人の意識に影響を与える可能性があります。復興政策を具体化するのに伴い、政府や地方自治体などがどのような呼称を使うようになるのか。今後の注目点となりそうです。

 なお執筆時点の情報では、与党・民主党内で「復興庁」の創設構想が浮上しています。この機関の正式名称や業務内容も注目点の一つになりそうです。ちなみに関東大震災(1923年9月1日)の時、政府は「帝都復興院」という名の政府機関を同年9月27日に設立しました。また阪神・淡路大震災の場合、震災から約1カ月後の1995年2月24日に「復興基本法」(阪神・淡路大震災復興の基本方針及び組織に関する法律)を成立させ、即日に施行しています。

海外の視線~日本のために祈りを~

 さて東日本大震災の関連語のうち、どうしても注目せざるを得ないのが「海外発信の言葉」です。東日本大震災が「地震・津波・原発事故という三重苦に見舞われた災害である」こと、さらに「日本人が未曾有の大災害に遭っても冷静さを失わなかった」ことが、海外の人たちの興味を刺激しているようです。

コメント3件コメント/レビュー

今回ほど日経ビジネスオンラインの記事がリアルタイムだと感じたことがありませんでした。このツイッターのデマやネタや各種作戦の盛り上がる様子、自分もその一端を担ってしまったこともあって、非常に生々しい記事だと思いました。ありがとうございます。(2011/03/30)

「社会を映し出すコトバたち」のバックナンバー

一覧

「東日本大震災で注目された「コトバ」の備忘録」の著者

もり ひろし

もり ひろし(もり・ひろし)

新語ウォッチャー(フリーライター)

CSK総合研究所を経て、1998年から新語専門のフリーライターに。辞書・雑誌・新聞・ウェブサイトなどに原稿を提供中。2009年より『現代用語の基礎知識』(自由国民社)で「流行現象」のコーナーを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今回ほど日経ビジネスオンラインの記事がリアルタイムだと感じたことがありませんでした。このツイッターのデマやネタや各種作戦の盛り上がる様子、自分もその一端を担ってしまったこともあって、非常に生々しい記事だと思いました。ありがとうございます。(2011/03/30)

今回の大震災、3重苦の中で、もっとも解決に苦慮するだろう原発事故について、不安だらけである。そこについてもっと掘り下げてほしかった。土も人も、家畜、海、そこに生きている、海洋生物、すべてがも否が応でも汚染されつつある。そこに生活していた方々が、いつになったら、安心して生活できるようになるのか、魚はいつ食べれるのか、野菜はいつから種をまき、収穫できるのか、牛たちはいつ?草を食み、牛乳は、いつ私たちの口にすることができるのか。こんなに影響があるなんて、誰が想像しただろう。原発は、放射能を、密閉してエネルギー変換していくという、耐震構造の真逆の中での究極の人間の挑戦を、日本人(ノーモア広島)がしているのだ。次世代エネルギーを見つけることが、今一番、大事な人間のテーマではないだろうか!(2011/03/29)

素直にネットの功のみの注目で、活用法をITを使えない人への啓蒙を呼び掛ける記事でよかったと思います。要は使い方次第ですね。ヤシマ作戦は一般に報道されることはありませんでしたし、ウエシマ、アオシマに至ってはネットの評価ではどちらかというと「罪」の方に挙げられるでしょう。大人の折り鶴が有名になったのは、日本ユニセフの広告塔さんが被災地のために折り鶴を!と呼び掛けたことに対する反感があったからでしょう。既存のメディアではフォローしきれないため、蚊帳の外にしたいが故に既存メディアがリテラシーがある人から見放されていくということについても切り込んでほしいものです。(2011/03/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長