• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「自粛」で大切なものを失ってないか

興奮の沸点から平穏さへ、感情の落差に潜む落とし穴

2011年3月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ある村で「今回の震災で数名の死者が出た。ひとりでも犠牲者が出たら、日ごろの訓練の意味はない」とその村の防災訓練担当の男性が言っていた。

 壊滅状態の中、ほとんどの村民が日ごろの防災意識の高さと訓練で避難した結果、被害者が「少なく済んだ」のではなく、「ひとりでも出たら意味がない」と悔やむ姿に、改めて意識が高いとはどういうことかを教えられる。

 またある老夫人が「地震がきたら津波がくる。自分の命を守れるのは自分ひとりだ」と先代からの日ごろの意識を話していた。

 大規模の災害や困難に見舞われた時、日ごろ足の引っ張り合いに翻弄されている政治家たちが一致団結し見事な采配を振るとか、的確な判断を瞬時に下すとかいうのはもはや幻想だ。

 原発にせよ、「大丈夫です」を連呼してきた企業の混乱の中に無責任さが露呈するのも、想定内だ。

 国も、企業も、皆がオタオタする中、危機意識が高く幸運にも恵まれた少数の人たちが生き延びた。

 震災後の買い占め問題も、意識の高い人たちはとっくの昔から家には水もカップラーメンもガスボンベも常備していたに違いない。

 大きな悲しみから学ぶことは大きい。“最悪の事態を常に意識し、その準備をし、生きよ”ということではないだろうか。

 大丈夫、皆が応援している、というのも力だろう。世界がこの国を応援している、というのもいい。著名人からの希望のメッセージもあったほうがいい。

 だが、人の命を救うのは国でも企業でも応援でもなく、個人の意識の高さと準備であり、まずそれがあってから、後付けでおまけのように救援や応援がくる。

 それくらいに思っていないといけないほど、大きな災害の前には失望が多い。

 では、被災しなかった人々は今どんな現実か。

「遙なるコンシェルジュ「男の悩み 女の嘆き」」のバックナンバー

一覧

「「自粛」で大切なものを失ってないか」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員