• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

タイガーマスクと震災が、寄付文化の転換点となるか?

コトバで知る「寄付」の最新動向

2011年4月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年は日本の寄付文化にとって、大きな転換点になるかもしれません。

 始まりは、あの「タイガーマスク運動」でした。2010年12月25日、群馬県中央児童相談所に漫画「タイガーマスク」の主人公・伊達直人を名乗る匿名人物がランドセルを寄付。これを端緒に、架空の人物名を名乗る多くの人が、児童相談所や児童養護施設へ寄付を行いました。この出来事を通じて「日本の寄付文化の在り方」について議論が巻き起こりました。

 そして2011年3月11日には東日本大震災が発生しました。地震と津波と原発事故という三重苦の災害です。この震災では、当初、被害が軽い地域の市民の間で「自分たちに手助けできることがあまりに限られている」という事実が、自責にも似た「もどかしい感情」を引き起こしました。そんな中で節電や買い占めの防止など「市民一人ひとりが実践できる復興支援」という形が出来上がってきました。その身近な支援方法の一つとして「寄付」の注目度も高まったのです。

 そこで今回の「社会を映し出すコトバたち」は、寄付文化にかかわる注目語をテーマに選びました。最近の寄付文化で何が起こっているのか。注目語を紹介しながら分析したいと思います。

寄付付き商品~価格に寄付金を含める方法~

 寄付文化を知るうえで最も分かりやすい入口は「どのようなお金の集め方があるのか」を知ることでしょう。まずは「募金の方法」に焦点を当てて、注目の言葉を紹介してみたいと思います。

 募金の古くて新しい方法に「商品やサービスの価格に寄付金を含めてしまう」やり方があります(定価に上乗せする方法や、利益から寄付金を捻出する方法など)。このような商品を「寄付付き商品」などと呼びます。

 初期の有名事例には、クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスが1983年に実施した『自由の女神修復キャンペーン』があります。カード利用1回について、1セント分の修復費用を寄付するという内容でした。

 近年の取り組みの中では、食品大手のダノングループが、ミネラルウォーター「ボルヴィック」を対象に実施している「1L for 10L(ワン・リッター・フォー・テン・リッター)」が有名です。ボルヴィックの出荷量1リットルに対して10リットルの水を、深刻な水事情に悩むマリ共和国に提供する(井戸づくりとメンテナンスを実施する)プログラムです。日本では2007年から毎年実施しています。

 環境保護分野で最近注目されている「カーボンオフセット商品」も寄付付き商品の一形態でしょう。カーボンオフセット(carbon offset)とは、二酸化炭素(温室効果ガス)の排出量を相殺するという意味。温室効果ガスの排出量を低減する事業(植林やグリーン発電などの事業)に対する寄付金を、商品の価格やサービスの料金に含める手法です。

 またこれと似た発想の手法として「生物多様性オフセット」も存在します。植林事業などへの寄付金を価格に含めて集め、その商品やサービスが生態系に与えたと思われる影響を相殺しようとするものです。2010年に名古屋で開催されたCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)を契機に注目度が高まりました。

さらに注目度が高まった「寄付付き商品」

 最近は、タイガーマスク運動や東日本大震災の影響もあり、新聞などのマスメディアで「寄付付き商品」の話題が頻繁に登場するようになりました。

 例えば今年のバレンタイン商戦では、森永製菓や無印良品などの企業や団体が「1億人のバレンタインプロジェクト」を実施。例えば森永製菓の場合「森永ミルクチョコレート」などのチョコレート商品1箱について1円を、カカオ産地であるガーナやインドネシアを支援するための寄付に充てました(1月1日~2月14日)。読売新聞はこの取り組みを「寄付チョコ」として紹介しました。

コメント4件コメント/レビュー

「募金」と「寄付」は似ているようですが、全く違う概念だと思います。震災義援金は「募金」ですが、ふるさと納税は「寄付」です。日本では募金文化は既にありますが、寄付文化は育っていません。(2011/04/05)

「社会を映し出すコトバたち」のバックナンバー

一覧

「タイガーマスクと震災が、寄付文化の転換点となるか?」の著者

もり ひろし

もり ひろし(もり・ひろし)

新語ウォッチャー(フリーライター)

CSK総合研究所を経て、1998年から新語専門のフリーライターに。辞書・雑誌・新聞・ウェブサイトなどに原稿を提供中。2009年より『現代用語の基礎知識』(自由国民社)で「流行現象」のコーナーを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「募金」と「寄付」は似ているようですが、全く違う概念だと思います。震災義援金は「募金」ですが、ふるさと納税は「寄付」です。日本では募金文化は既にありますが、寄付文化は育っていません。(2011/04/05)

緑とか赤とか羽の付いた募金があります。ユニセフといったような募金もあります。マスコミ等も募金を集めたりしますが、その他の募金も含め収支報告は行われているのでしょうか?寄付・寄贈先まで公表されているのでしょうか?まがいものみたいな募金もありますが、それも含め全てがグレーゾーンで処理されているといった話もよく聞きます。史上最高益を更新云々などと発表される企業や高級取りタレント等はどのようなマインドを持っているのでしょうか?庶民の純粋な募金や寄付はとても価値があると思いますが、その先がどのようになっているのか知りたい。年金の浪費も税金の無駄使いも結局は詳細は何も明らかにされないし、責任の所在も明らかにされない日本に寄付文化は有り得るのでしょうか?(2011/04/05)

寄付に関しては税務面での対応を柔軟に行って欲しいですね。せっかくE-Taxだの導入して証憑類の提出を簡略化したのだから。ただし極論を言うと寄付行為が最大になった場合、政府官僚の権限が減り寄付関連の財団がパワーを持つようになります。アメリカのように小さな政府、寄付は文化だと抵抗も少ないのでしょうが。私自身は世の無常、貧困、虐待に涙は流すものの、反面世界を色々旅して思ったのは「世界中がマザーテレサになっても地球から強欲で愚かな人達は消えない」という理解に至りました。そしてたとえ世界がエコな、自然な、原始共産制のような地上の楽園になったとしても太陽系には寿命があります。その前に巨大隕石や磁気消失で滅びるかもしれません。何兆分の一の確率で生命が発生したこの地球の生命体を宇宙に飛躍させること。それが人類の使命だと思います。よって恵まれない人達、生命の救助を欲している人達へ、泣く泣く目をつぶり、私の寄付は全て理化学研究所へ行きます。それは科学技術しか人類を救う手は無いと考えるからです。(2011/04/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長