• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最悪の愚者が指揮官となる事態を想定せよ!

ハーバード流危機管理の要諦

2011年4月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 4月10日の日曜から、危機管理を学ぶ最高の機会を頂いている。ケネディスクールの危機管理合宿に招待されたのだ。これは毎年1回、世界中から危機管理の専門家が集まり、世界の最新の危機をケーススタディ中心に皆で分析し学びあうもの。

ケネディスクールで危機管理の合宿に参加

 初日の最大の学びは「我々を苦しめてきた危機は、最初が天災であっても最後は人災。最悪の愚か者が危機管理の指揮権を持つと想定することから危機管理は始まる」という教えだった。

 我々日本人は完璧な指導者の存在を妄想し、神風が吹いて事態が好転することを期待する。この姿勢が真っ先に否定された。「想定外の危機は必ず起こる。事態はますます悪い方向に進むもの」という開き直りから危機管理の議論は始まる。

 メンバーが素晴らしい。軍、国務省、保健衛生省、交通省、国家安全保障省、FEMA(非常事態管理庁)、国防総省、入国管理局、CIA、FBI、警察、消防、自治体などから、かなり上級の幹部クラスが集結した。迎えるのは、全米で最も高名な危機管理の専門家と言われるハーバード大学ケネディスクールのダッチ・レナード教授だ。

 同教授はこう切り出した。「今年は、この危機管理合宿が20回目を迎える記念すべき年だ。そこで最高のメンバーを迎えた。ニュージーランドに続いて日本で大地震が起き、津波、原発事故、風評被害、電力問題と5重苦が深刻化している。今こそわれわれが貢献しなくてはならない」。

 「今年は初めて日本から、元政治家である人物が参加してくれた。皆さんを迎えて興奮している。同時に、私はものすごく緊張している。ハリケーン・カトリーナからイラク、ソマリア、そしてハイチ地震の現場に赴き指揮を執った皆さんに学びを提供できるだろうか?私こそ皆さんから学びたい」

「危機発生後の対応」が危機管理に関する議論の主流

 危機管理は3つの段階に分けられる。「危機が起こる前の準備」「危機が起こってからの対応への準備」「対応が終わってからの復興への準備」だ。各段階のポイントをまず整理した。ただし「危機前の準備」は中心課題とならない。これは語り尽くされているし、ここに集まったメンバーは危機前の対応のプロ中のプロだ。

コメント7

「田村耕太郎の「経世済民見聞録」」のバックナンバー

一覧

「最悪の愚者が指揮官となる事態を想定せよ!」の著者

田村 耕太郎

田村 耕太郎(たむら・こうたろう)

前参議院議員

早稲田大学卒業、慶応大学大学院修了(MBA取得)、米デューク大学ロースクール修了(証券規制・会社法専攻)(法学修士号取得)、エール大学大学院修了(国際経済学科及び開発経済学科)経済学修士号。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長