• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

復興需要狙う米天然ガス

  • 水野 博泰

  • マイケル・R・センズィン

バックナンバー

2011年4月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

福島第1原発の事故が世界のエネルギー政策に及ぼす影響は大きい。原子力を補填する資源として急浮上しそうなのが天然ガス。近年勃興著しい米シェールガス業界が日本の復興需要を射程にとらえた。

 「福島第1原子力発電所の事故によって、原発に対する日本国民の信頼感は地に落ちた。欠けたエネルギー供給量を埋めるには石油、石炭、天然ガスなどの活用を増やす必要がある。その中で最も有望なのは天然ガス。日本の復興需要に牽引されて世界的に利用が加速するだろう」

 英バークレイズ・キャピタルのアナリストであるビリアナ・ペリバノバ氏はそう予測する。

 特に米国では「シェールガス」と呼ばれる非在来型天然ガスの開発・生産が急増しており、東日本大震災を機に投資と開発がますます過熱しそう。米東部最大のシェールガス田「マーセラス」の鉱区を訪ねた。

24時間ぶっ通し、4カ月で掘る

 その開発現場は、かつて製鉄の町として知られたペンシルベニア州ピッツバーグから30kmほど南西に下った田園地帯にある。樹林の向こう側に農家の家屋が見える。そんな場所に高さ40mほどのリグ(掘削装置)がそびえ立ち、地中に埋め込む鉄管を積んだ超大型トレーラーが往来している。

 この鉱区を開発しているのはレンジリソースという大手資源開発会社だ。テキサス州の巨大シェールガス田バーネットに匹敵するとも見られるマーセラスの開発に早くから取り組み、2004年に初めて商業化にメドをつけた先駆的存在である。

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長