• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

元シャープ「ミスター・ソーラー」が第2の挑戦

面積効率が2倍「集光型太陽光発電システム」

2011年5月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2011年6月、スマートソーラーインターナショナルが、単位面積当たりの発電量が既存の結晶シリコン太陽光発電システムに比べて約2倍となる新型の太陽光発電システムの生産、販売を本格的に開始する。

 同社は、長年にわたり、シャープでソーラーシステム事業本部長を務めた富田孝司氏が、2009年8月に設立したベンチャー企業だ。海外展開も積極的に進めていく方針で、2014年には年間100億円、2015年には200億円の売り上げを目指す。

 「原子力発電の代替エネルギーとして、ここで一気に、太陽光発電システムの普及を加速させたい。これは私の責務でもある」。

スマートソーラーインターナショナルの代表取締役で東京大学先端科学技術研究センター特任教授の富田孝司氏

 こう語るのは、太陽光発電業界で「ミスター・ソーラー」との異名を持つ男、富田孝司氏だ。

 長年、シャープでソーラーシステム事業本部長を務め、同社の太陽光発電システムの売上高世界一を7年間にわたって維持した実績を持つ。

 彼は、2009年8月、東京大学エッジキャピタルからの出資援助を受け、スマートソーラーインターナショナルというベンチャー企業を設立。現在、代表取締役として、高変換効率で低コスト、大規模展開が可能な、新型の太陽光発電システムの開発に全精力を注いでいる。

 2011年1月には、宮城県大崎市にある中堅化学メーカー、ラサ工業の三本木工場内に、同太陽光発電システムの生産拠点を開設した。そして、この6月、いよいよ本格的に生産と販売に乗り出す。海外展開も積極的に進めていく方針で、2014年には年間100億円、2015年には200億円の売り上げを目指している。

太陽電池にも資源外交リスク

 「当初、本格的な生産、販売は10月からの予定だったが、福島原発事故の関係もあり、前倒しで推進することにした。また、偶然にも東日本大震災のあった3月11日に、経済産業省から電気事業者による再生可能エネルギーの固定価格買取制度の導入が発表された。これを追い風に、本システムの普及に尽力していく」。富田氏はこう語る。

富田氏が開発した追尾集光型の太陽光発電システム。これはパラボリック集光型と呼ばれる方式のものを並べたもの(写真提供:スマートソーラーインターナショナル)
画像のクリックで拡大表示

 現在、富田氏は、東京大学先端科学技術研究センター超高効率太陽電池分野の特任教授も務めており、今回、富田氏が生産、販売を開始する新型の太陽光発電システムは、先端科学技術研究センターとの共同研究によるものだ。最大の特徴は、単位面積当たりの発電量が、既存の結晶シリコン太陽光発電システムに比べて約2倍と多く、世界最高水準である。

 日本国内の発電能力は、2009年の段階で、281ギガワット(ギガは10の9乗)となっている。しかし、2020年には、301ギガワットの発電能力が必要になると予想されている。このままいけば、2020年には、20ギガワット分が不足する計算だ。東日本大震災に伴う電力不足が懸念される中、この状況は今後さらに深刻化していく可能性がある。

 「仮に、発電能力の不足分を、すべて既存の結晶シリコン太陽光発電システムでまかなうとすると、160ギガ~180ギガワットの発電能力が必要となる。一方、現在、国内の太陽電池メーカーの全生産能力はたった2ギガワットしかない。これを10年後に、80倍や90倍にするのは、現実的ではない」。富田氏はこう説明する。

 また、仮に、既存の結晶シリコン太陽光発電システムの国内における生産能力が、今の100倍になったとしても、今度は別の問題が浮上する。太陽電池パネルの材料となる高純度シリコンや透明電極の材料となるインジウムなどのレアメタルに関する資源外交リスクだ。

コメント4件コメント/レビュー

遂に製品化の目処が立ったか――!!1月というと繁忙期だったから私がニュース見落としてただけかも?(恥)積層、冷却、数十年前から理論は確立されつつ、本文中の通り工学的事由で製品化に辿り着けなかったところを、熱/積層共にクリアしてきましたね!次は量子ドット適用が数年後に出てくるといいのですが▼肌感覚ですが、そろそろ太陽光発電の技術伸長の時期に入ろうとしているように思います。本当に入っているとしたら、菅総理の10年間でコスト1/3も現実味を帯びると思います。その為には昇圧/インバータ等の高効率化といった古い技術の更なる革新も必要であり、そうなれば他の電気製品の消費効率アップ=発熱抑制にも繋がるでしょう。決して低くないハードルですが、未来に期待したいです。(2011/05/26)

オススメ情報

「日本キラピカ大作戦」のバックナンバー

一覧

「元シャープ「ミスター・ソーラー」が第2の挑戦」の著者

山田 久美

山田 久美(やまだ・くみ)

科学技術ジャーナリスト

早稲田大学教育学部数学科出身。都市銀行システム開発部を経て現職。2005年3月、東京理科大学大学院修了(技術経営修士)。サイエンス&テクノロジー、技術経営関連の記事を中心に執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

遂に製品化の目処が立ったか――!!1月というと繁忙期だったから私がニュース見落としてただけかも?(恥)積層、冷却、数十年前から理論は確立されつつ、本文中の通り工学的事由で製品化に辿り着けなかったところを、熱/積層共にクリアしてきましたね!次は量子ドット適用が数年後に出てくるといいのですが▼肌感覚ですが、そろそろ太陽光発電の技術伸長の時期に入ろうとしているように思います。本当に入っているとしたら、菅総理の10年間でコスト1/3も現実味を帯びると思います。その為には昇圧/インバータ等の高効率化といった古い技術の更なる革新も必要であり、そうなれば他の電気製品の消費効率アップ=発熱抑制にも繋がるでしょう。決して低くないハードルですが、未来に期待したいです。(2011/05/26)

方向性としては間違っていないと思う。シリコン調達の問題,スペースファクターの問題に関しての解決案の一つになる可能性がある。  すでに指摘があるが,問題があるとすればコストである。原発が核廃棄物の処理に莫大なコストが必要なことは今回の事故でも再認識されたが,仮にスマートグリッドが実用化されても太陽光発電システムの価格が劇的に下がるのは難しいだろう。菅首相は10年後をめどに太陽光発電システムのコストを1/3に落とすことを目指すとしているようだが,果たしてその通りになるかどうか。イニシャル,ランニングともにコストが下がらないと,今後はおそらく「電気代は高い」ということをベースに物事を考えなければならなくなるだろう。家電製品のより一層のエネルギー消費量低減が望まれる。(2011/05/25)

コメントにありましたが、原発が安かったのははゴミの廃棄コストや事故時の賠償費をコストに入れてなかったからでしょ。そんな古い基準で物事考えられてもなあ。(2011/05/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大学、社会で伸びる人材に なれるか否かは、高校の教育環境に 大きく左右される。

溝上 慎一 京都大学高等教育研究開発推進センター教授