• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

このままでは日本沈没

雪崩的円安→国債暴落→金融破綻への導火線には火がついている

  • 竹中 正治

バックナンバー

2011年6月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「国家は破綻する~金融危機の800年」(著者:カーメン・M・ラインハート&ケネス・S・ロゴフ、日経BP、2011年3月)という本が妙に売れている。

 「妙に売れている」という意味は、この本は超長期の過去にさかのぼった興味深い歴史金融データを提供しているのだが、どう見ても一般読者向けの本ではないのだ。608ページに及ぶ分厚さと4200円という高価格の設定自体が、売れる部数を期待していない「専門書」であることを示している。

「今回はこれまでとは違う」の愚かさ

 にもかかわらずアマゾン(amazon.co.jp)では「一般投資読み物」のジャンルで10位の売れ行きランクになっている(6月19日現在)。専門書としてはやや意外なほど好調な売れ行きだろう。2008年の欧米の金融危機と世界不況を経て、さらに日本では東日本大震災が加わり、膨張する財政赤字、累積する政府債務の先行きに対する不安感が世間一般に広がっているためだろう。

 欧州のPIIGS諸国(ポルトガル、イタリア、ギリシャ、スペイン)の財政危機問題、とりわけギリシャ国債のデフォルト(債務不履行)は現実の差し迫ったリスクとして語られている。既に日本国債は格下げされ、米国債の格付けも「安定的」から「ネガティブ(格下げ方向)」に見直されるなどの報道を受け、財政赤字膨張の先にどのような世界が到来するのかという不安が世間に広がっている。

 この本の英文原題“This Time Is Different”に込められた著者のメッセージは、近現代の歴史を通じて、政府も民間も債務の膨張に支えられたブームとその崩壊を繰り返してきたこと、それにもかかわらずブーム(あるいはバブル)の時期には「今回はこれまでとは違う」という現状を正当化する言説が毎度横行してきたことへの批判である。

 その意味で、政府債務のみでなく民間債務破綻も対象になっているのだが、今の時代の不安な雰囲気を敏感に感じ取った出版社は、日本語版のタイトルを「国家は破綻する」としたのだろう。このタイトルも売れている理由だろう。

「日本は違う」という根拠なき楽観

 この期に及んでも、「日本の貯蓄率は高く、政府の国債の約95%は国内の貯蓄でファイナンスされているので、日本はPIIGS諸国とは違う。その証拠に国債利回りは1%そこそこの低さを維持しているではないか」という主張が、少なくない政治家や一部の経済評論家から聞こえてくる。増税や給付の削減という厳しい課題に直面することを厭う政治家や有権者には、“Japan is Different”という甘いささやきだ。

 しかしながら、「日本の貯蓄率は高い」というのは過去の事実であって、今日では妥当しない。

 いずれの国においてもファイナンスの最終的な源泉は家計の貯蓄である。2010年の時点で各国比較すると、日本の家計貯蓄率は6.5%であり、米国5.8%よりやや高いが、ドイツ11.4%より低く、「OECD Economic Outlook Data Base」にリストアップされた21カ国の平均値7.3%よりも低い。

 にもかかわらず、10年物国債金利は1%そこそこと超低位を維持しているのはなぜだろうか。

 実は政府債務の膨張にもかかわらず、長期国債の超低位金利が実現されていることにこそ、今の日本経済の閉塞の根本があると筆者は考えている。それをご説明しよう。

なぜメガバンクまでもが郵貯化するのか?

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の貸借対照表(2011年3月末、連結ベース)を見て筆者は驚いた。

 保有する「有価証券」の残高が71兆円(総資産の34.4%)にも増加し、貸付金80兆円(同38.8%)に匹敵する第2の資産項目になっているのだ。保有有価証券は国債と地方債が大半であり、64%を占めている(国内株式の比率は5.1%)。2005年3月末の有価証券保有残高は48.5兆円(総資産の25.9%)、貸出金85.7兆円(同45.8%)であるから、6年間で有価証券の保有残高は22.5兆円も増えたことになる。

 みずほFGや三井住友FGも見てみたが、同様に国債と地方債を中心にした有価証券保有の急増と貸出比率の低下が見られる。

コメント36件コメント/レビュー

10年物国債金利が1%そこそこと超低位を維持しているのはなぜか?なぜメガバンクまでもが郵貯化するのかわからない??リスク回避志向で縮む日本経済ではないんですよ。需要が無い。需要が無いから設備が過剰。 単純に”民間に資金需要が少ないからである””デフレだからである(これをデフレという)”って認識が基礎にあって、デフレ期は政府の支出で需要を喚起し調整すべきであるってのが経済学の認識ではないのですか?基本認識がずれると結論がまるっきり変わってしまう。デフレの日本では、デフレ退治の処方箋を経済学者にも提供してほしいと思いました。(2011/06/28)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

10年物国債金利が1%そこそこと超低位を維持しているのはなぜか?なぜメガバンクまでもが郵貯化するのかわからない??リスク回避志向で縮む日本経済ではないんですよ。需要が無い。需要が無いから設備が過剰。 単純に”民間に資金需要が少ないからである””デフレだからである(これをデフレという)”って認識が基礎にあって、デフレ期は政府の支出で需要を喚起し調整すべきであるってのが経済学の認識ではないのですか?基本認識がずれると結論がまるっきり変わってしまう。デフレの日本では、デフレ退治の処方箋を経済学者にも提供してほしいと思いました。(2011/06/28)

デフレガーの方は、リスクプレミアムというキーワードを筆者が出しているのだから、それを使って反論しては如何か?それともCAPMも知らないのか?▼自国債投資は事実上Rp=0。Rpゼロのものに投資する銀行は、株式会社としての経営責任の放棄と同義です。銀行の株主はRf(自国債利回り)以上のリターンを期待して、リスクのある銀行の株式に投資しているのです。投資した銀行がRfと同等の利回りしか得られないのであれば、その会社に投資せずに国債に投資する方がマシなのです。▼そのような背景から、銀行は経営責任を果たすために、国債を買うという行為をしなくなると想定される。デフレガーの方は、銀行がいつまでも自国債を買い続けるということを、Rpというキーワードを使って説明すればマトモな反論だと思うのだが、そうではなくバランスシート(笑)だとかデフレガーといった自論の押し付けしかしていないから反論にすらなっていない、論点ずらしなだけ。(2011/06/28)

早く1ユーロ170円になって、私のユーロ預金の損失をゼロにして下さい。若者なら「雇用のための円安」ですから尚のこと大歓迎でしょう。1ドル250円の1980年代は景気絶好調でしたね。(2011/06/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員