• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

放射性物質を吸着・除去できる繊維

原発事故でも有効、「作業員用マスク」への応用も

2011年7月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 現在、福島第一原子力発電所では、原子炉を冷却する過程で大量に発生した汚染水の浄化処理が一刻を争う状況となっている。日々増え続ける汚染水を浄化して、それを原子炉の冷却に使おうと、現在、「循環注水冷却」システムが導入され、稼動を開始している。しかし、同システムは、運転稼働率の低さもさることながら、汚染水の浄化後、大量の放射性廃棄物が残されるという問題を抱えている。

 そこで注目したいのが、環境浄化研究所の須郷高信社長が開発した海水中のヨウ素を高効率で吸着できる繊維である。同繊維であれば、ヨウ素だけを固体で回収できるので、放射性廃棄物の量を大幅に削減できる上、大規模な装置も不要だ。吸着速度も速い。さらに、須郷氏は、セシウムを高効率で吸着できる繊維、さらに、ストロンチウムを高効率で吸着できる繊維も開発中だ。

環境浄化研究所の須郷高信社長

 「現在、福島第一原発に導入されている循環注水冷却システムの最大の問題点は、高濃度放射性物質を含む沈殿物が大量に発生すること。私が開発した方法を使えば、放射性物質だけを固体で回収できるので、大量の放射性廃棄物を発生させずに済む。大規模な装置も不要だ」

 こう語るのは、環境浄化研究所の須郷高信社長だ。

 須郷氏が開発したのは、海水中のヨウ素を高い効率で吸着できる繊維だ。実際にヨウ素を含む海水にこの繊維を浸したところ、繊維1キログラム当たり約40グラムのヨウ素吸着に成功した。

 あとはこの繊維を塩酸などを入れた水槽に移し、塩酸の水素イオン濃度(pH)を調整すれば、ヨウ素だけを回収することができる。また、ヨウ素を回収した後の繊維は再利用が可能だ。しかも、ヨウ素の吸着速度が速く、繊維を海水に浸して軽く揺するだけで、あっという間に吸着できてしまうという特徴も持つ。

沈殿する大量の放射性廃棄物が問題

 現在、福島第一原子力発電所では、原子炉を冷却する過程で大量に発生した高濃度放射性物質を含む汚染水の浄化処理が一刻を争う状況となっている。日々増え続ける汚染水を浄化して、それを原子炉の冷却に使おうと、現在、「循環注水冷却」システムが導入され、稼動を開始している。しかし、トラブル続きで、日本中をやきもきさせている。

 しかも、同システムは、放射性物質を沈殿物として回収する「凝集沈殿法」と呼ばれる方法を採用している。そのため、汚染水を浄化した後に、大量の放射性廃棄物が沈殿物という形で残される課題がある。この処理をどうするかが最大の問題だと須郷氏は指摘する。

画像のクリックで拡大表示
画像をクリックすると動画をご覧いただけます。(WMV形式)
ヨウ素を吸着させる実験を見せる須郷氏

 ここで、現在、福島第一原発に導入されている循環注水冷却システムの仕組みを簡単に説明しておこう。

コメント4

「日本キラピカ大作戦」のバックナンバー

一覧

「放射性物質を吸着・除去できる繊維」の著者

山田 久美

山田 久美(やまだ・くみ)

科学技術ジャーナリスト

早稲田大学教育学部数学科出身。都市銀行システム開発部を経て現職。2005年3月、東京理科大学大学院修了(技術経営修士)。サイエンス&テクノロジー、技術経営関連の記事を中心に執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)