• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「あなたにふさわしいポストはないので辞めてください」

経産省キャリア官僚、突然クビになりそうなわけ

2011年7月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 霞が関きっての改革派キャリア官僚、古賀茂明氏が突然の退職勧告を受けている。

 古賀氏は1980年に東京大学を卒業後、通商産業省(現在の経済産業省)に入省。産業再生機構執行役員や経済産業政策課長、中小企業庁経営支援部長などを歴任。2008年には国家公務員制度改革推進本部事務局審議官に就任し、急進的な改革案を次々と提案した経緯がある。審議官退任後も、メディアなどを通じて公務員制度改革の必要性を訴え続けてきた、“戦う官僚”だ。

 今年5月には、「日本中枢の崩壊」(講談社)を発刊し、民主党政権の公務員制度改革や福島第1原発事故への政府の対応を批判した。

 経産省は「個人の人事については回答できない」としている。なぜ古賀氏は退職を勧告されているのか。その真実を古賀氏本人が明かした。

(聞き手は山根小雪=日経ビジネス記者)

―― 退職を勧告されたのは、いつなのですか。

古賀茂明氏[経済産業省官房付](写真:柚木 裕司)

古賀 6月24日に経済産業省の松永和夫・事務次官に呼ばれて、「あなたにふさわしいポストはないので辞めてください」と言われました。それ以外に、退職を勧告する理由はありませんでした。

 官僚を理由もなくクビにすれば、話題になります。国会期間中は避けたいと考えるのが政治家の発想でしょう。それでも、このタイミングで退職勧告をするということは、それなりの理由があるはずです。

―― 著書などで福島第1原子力発電所事故の賠償をめぐる「原子力損害賠償支援機構法案」のあるべき姿を提案されましたね。今後、野党自民党から国会に呼ばれる可能性もありそうな状況です。現職の官僚を国会に呼んで説明させるのは容易ですが、退職後は難しくなる。だから慌ててクビにしようとしたという見方もされてますが。

 確かにそう考えればつじつまが合いますね。

―― 辞める時期はいつになるのですか。

 松永次官はうむを言わさず「7月15日までに退職を」と言いました。話が急だったので一応回答は留保しました。天下り先が決まっている普通の退職勧奨とは違ってそれまでに仕事を見つけるのは至難の業でしょうね。

―― 実際、お辞めになるのですか。

コメント37

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「「あなたにふさわしいポストはないので辞めてください」」の著者

山根 小雪

山根 小雪(やまね・さゆき)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション、日経エコロジーを経て、2010年1月から日経ビジネス記者。エネルギーを中心に、自動車や素材など製造業を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授