• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

デジタル家電に「冬」の兆し

  • 吉野 次郎,小谷 真幸

バックナンバー

2011年7月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

HOYAのデジカメ事業をリコーが買収する。背景にあるのは、国内デジカメ市場の急速な悪化だ。国内市場の縮小は、デジタル家電全般で始まっている。

 リコーは7月1日、HOYAが「ペンタックス」ブランドで展開するデジタルカメラ事業を10月に買収すると発表した。リコーの近藤史朗社長は「世界で戦う機会を得られた」と意気込む。

 とはいえ、両社ともデジカメ市場では“負け組”だ。販売台数の国内シェアはHOYAが3.6%で8位、リコーは2.6%で9位(BCN調べ)。合計しても6.2%で、順位は8位にとどまる。よほど相乗効果を高めない限り、買収後も苦戦を免れない。それでもリコーが事業統合を決断した背景には、国内デジカメ市場の急速な環境悪化がある。

 まず、コンパクト型デジカメは値崩れが著しく、2010年6月以降、金額ベースの市場規模が前年同期を下回る状況が続く(BCN調べ)。画素数などではもはや差別化しにくく、廉価モデルは1万円台にまで下落。リコーはそのコンパクト型しか手がけていない。生き残るには、HOYAの一眼レフ型デジカメ事業の取り込みが急務だったわけだ。もっとも、一眼レフ型の分野でも2011年3月以降、金額ベースで市場規模の前年割れが続く(BCN調べ)。

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長