• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション』著者が語る

アップルの秘密は「組み合わせの妙」にある

  • カーマイン・ガロ 蛯谷 敏

バックナンバー

2011年7月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 イノベーションとは、必ずしも画期的な発明を指すわけではない。既にある技術やアイデアでも、その組み合わせ方次第で、世界を変えるようなイノベーションを起こせる──。累計20万部超を売り上げた『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』の著者、カーマイン・ガロ氏は言う。

 今年6月、新著『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション』を発表したガロ氏。今回のテーマはタイトルの通り、イノベーションである。一見、とらえにくいこの言葉の意味を、米アップルのスティーブ・ジョブズCEO(最高経営責任者)の言動を引用しながら、具体的に解説していく。ジョブズ氏を通じて学ぶ、イノベーションの本質とは。その言葉に、しばし耳を傾けていただきたい。

(構成=蛯谷 敏=日経ビジネス記者)

 今年6月、前作から1年ぶりの新著を発表しました。テーマは、「イノベーション」です。まずは、私がなぜイノベーションをテーマにした本を書こうと思ったのか、この点からお話ししたいと思います。

 ご存知の通り、2008年の世界金融危機以来、米国の実体経済は不況にあえぎ、いまだに停滞局面を脱しきれていません。米国では依然として、何百万もの人々が職を失ったままですし、住宅バブルのツケを払わされている人も少なくありません。

 日本では、「失われた10年」という言葉がありますが、米国も「地獄の10年」と言われるような状況が続いています。

厳しい時代ほどイノベーションは生まれやすい

カーマイン・ガロ(Carmine Gallo)
本職は、プレゼンテーション、メディア対応、コミュニケーションのスキルを教えるコーチ。グローバルIT企業など世界の有名ブランドを顧客に持つ。Businessweek.comでコラムを執筆するほか、講演やセミナーの講師としても活躍。テレビ番組のキャスター、ビジネス誌記者、大手広告代理店のバイスプレジデントなどを務めた。米サンフランシスコ在住(写真:村田和聡、以下同)

 そんなある日、私は、米ニューヨーク・タイムズの著名エコノミスト、トーマス・フリードマン氏が執筆したコラムを目にしました。彼は、著書『フラット化する世界』などで日本の皆さんにも馴染みの方だと思います。

 コラムは、米国経済が再び復活するために必要な施策について、バラク・オバマ米大統領への公開質問状の体裁を取っていました。その中で、私が注目したのは、次の部分でした。

 「イノベーションと起業家精神に対する憧れを、天才だけでなく、何百万ものアメリカの子供たちに取り戻してもらう必要がある」

 彼は、「We need more Jobs(私たちは、もっと雇用(とスティーブ・ジョブズのような人材)が必要である)と主張していたのです。確かに、米アップルのスティーブ・ジョブズCEO(最高経営責任者)は、多くの米国企業が不況に苦しむ中で、業績を伸ばし続けている、稀有な経営者でした。

 彼の経営者としての強みは、数えきれないほどありますが、その中でもやはり、イノベーションを生み出す力が突出しています。では、ジョブズ氏のイノベーションは何がすごいのでしょうか。

 これが、本書を執筆する最初のきっかけとなりました。私は科学者ではありませんから、学術的な「イノベーション」についての解説はできません。ですから、ジョブズ氏の言葉や生き方を通して、イノベーションの本質や生み出し方のヒントを描くことを心がけました。

 執筆していくうちに、ジョブズ氏ほど、イノベーションを説明する教材に最適な「アイコン」はないことに気づきました。彼の行動を解説することが、そのまま、イノベーションにつながっていくからです。

 今、米国経済は確かに厳しいですが、救いは、こんな時代でも、何か新しいイノベーションを生み出そうという人は大勢いることです。新しい技術やサービスは、逆境の時ほど誕生しやすいということも、また事実です。そんな米国経済の復活も願いつつ、本書を執筆しました。

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長