• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ロシア、日本産サンマを忌避

2011年8月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ロシアが、サンマの輸入を日本から台湾へ切り替えつつある。水揚げ高の2割を売っていた日本の水産業には大打撃だ。国内流通価格にも影響を与えかねない。

 「ロシアが台湾の水産加工会社に対して輸入の許可を出した。今年は日本のサンマは買わないだろう」──。

 7月下旬、再起を目指す三陸の水産加工会社の間に衝撃が走った。近年、ロシアは水産加工品の需要が急速に拡大し、日本から多くの魚を輸入してきた。特に目立つのが、秋の味覚の代名詞であるサンマだった。

 「2010年のサンマの流通価格は国内が30円程度(1kg当たり)に対し、ロシア向けは70円近い高値がついた。日本の小売りのように、サイズなどの規格にもうるさくない。ロシアを手始めに、西欧にも売り先を伸ばすつもりだったのに…」。と、三陸最大の水産加工会社である阿部長商店(宮城県気仙沼市)の阿部泰浩社長は肩を落とす。

 ロシアへのサンマ輸出は金額ベースで5年前は約4000万円と、日本からの全輸出量の2%程度(金額ベース)だった。だが、その後急速に伸び、2010年度は40億9000万円と、全輸出量の8割(同)を占めるまでになった。2009年の秋に取れたサンマ約30万トンのうち、約2割がロシア向けだった。

国内価格さらに下落も

 ロシアが、台湾の水産加工企業に許可を出した理由は明快だ。東京電力福島第1原子力発電所の事故による放射性物質の汚染を気にしての対応だ。

 ロシアに水産物を輸出する際は、日本の水産庁だけでなく、ロシアの連邦動植物検疫局に、輸出する水産物の最終加工施設の登録をしなければならない。その認可は厳しく、管理が行き届いている日本企業の独壇場だった。

コメント2

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「ロシア、日本産サンマを忌避」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手