• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

東電、ひっそり値上げ

  • 山根 小雪,日野 なおみ

バックナンバー

2011年8月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

東京電力が水面下で電気料金の実質的な値上げを始めた。オフィスや店舗に、料金プランの切り替えを勧めている。「受け入れてくれそうな企業を選んでいる」という指摘もある。

 「東電の現行プラン『業務用季節別時間帯別電力2型』が廃止となり『業務用季節別時間帯別電力』に変更になりました」――。

 これは東京電力の営業マンが、ある中堅企業の総務担当者に送ったメールの抜粋だ。文書には、経営環境の悪化が理由との説明がある。この企業は、料金プランの変更により、月額で3%弱の電気料金の値上げとなった。

 オフィスや店舗などで利用できる東電の料金プランのうち、「2型」は通常のプランに比べて基本料金が高く、電力消費量による従量料金が安いプランのこと。電力自由化が広がった2004年に提供を始めた。コスト意識の高い企業が多く利用してきた。

 2型からほかのプランへの変更は、実質的な料金値上げにほかならない。このプランは、時間や季節によって従量課金部分の単価が異なるため、営業時間や季節の繁閑によるものの、「大半の企業で2~3%の値上げになる」(電力業界関係者)という。

東京電力は料金プランの変更を勧めている。大半の企業で電気料金が2~3%の値上げになる
画像のクリックで拡大表示

コメント12件コメント/レビュー

再生エネルギー固定買取価格制度がスタートすれば、もっと高くなるはず。本当の電力売買の自由化はいつになるのでしょう。(2011/08/29)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

再生エネルギー固定買取価格制度がスタートすれば、もっと高くなるはず。本当の電力売買の自由化はいつになるのでしょう。(2011/08/29)

消費者(使用者)にとっての“選択の自由”が無い商品について、その販売価格の設定は、供給者(生産者)側の自由になるのは当然のことだと思う。 その是非は別にして、電力価格も燃料ガス価格も交通料金なども同様だ。 負け犬の遠吠えとまで言いたくはないが、どう騒いでもみても何も解決しない。 そんな中でも(一斉値上げや追随値下げの繰り返しの中でも)、ガソリンスタンドには選択の自由がある。交通手段やタクシーも同様だ。 だけど、電力だけはどうしようもない。電気を使わない自由(?)はあっても、そのメーカー(供給者)のモノを選ばない自由は与えられていません。●地球温暖化防止CO2削減の規制強化やCO2排出枠取り引き制度の導入の是非などが考えられていた頃(つい先頃ですが)、kwH当りのCO2排出量値が小さい関西電力あるいは九州電力圏内への工場増設あるいは生産調整計画を検討したこともありましたが、3・11震災と原発事故以来、選択や検証の指標からは消えました。(ronpapa)(2011/08/29)

震災以降の電力価格の問題で釈然としないのは、現在の電力会社の経費が全くと言って良いほど問題にならない事だ。電力価格の値上げは商品の値上げだが、普通の企業では簡単には出来ない。当然価格交渉の前に社内でのコスト削減等の努力を最大限する。その上で誰もが、仕方がないと納得する理由、例えば円安によるコストアップ等、が有れば値上げの御願いをするのが普通であろう。電力会社のコスト、例えば人件費は普通の企業よりかなり高いと思う。また諸々の仕入れ価格も、納入業者の言いなりだと聞く。こうした経費を最大限削減した上での値上げの御願いでなければ納得出来ないのではないだろうか。(2011/08/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長