• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

韓国政財界人が日本に提唱する「大統領制のススメ!」

政治主導を実現し、国民に政治責任を気づかせる

2011年8月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

韓国初の女性大統領?

 ハーバード大学がアジアで主催する最大の国際会議、Harvard Project for Asia and International Relation(HPAIR)で講演するため訪韓した。4日間の滞在で韓国パワーの強さとその源を垣間見ることができた。そのことは次回の連載でお伝えする。今回は、韓国の友人・知人たちから日本への提案「大統領制のススメ」について書きたい。「大統領制のおかげで韓国はここまで発展できた。今の日本に必要なのは大統領選挙だよ」という韓国の方々の意見である。

 HPAIRのスピーカーラウンジやガラディナー(コンファレンスの締めくくりのディナー)での話題は、来年12月の韓国大統領選挙だった。韓国では既に、2012年に向けて大統領選が盛り上がり始めている。大統領選は国民全員を巻き込む一大イベントだ。現在、最右翼はやはりパク・クネ女史。パク・チョンヒ(朴正煕)元大統領の長女だ。ただ、彼女がハンナラ党の候補になれなかった場合は混戦となる。彼女は無所属でも出るだろうとの読む向きがある。そうなると、現在の与党であるハンナラ党支持者の票が割れ、野党候補が漁夫の利を得る可能性が出るだろう。韓国人たちは「最後まで読めないのが韓国大統領選挙!」と興奮を隠さない。

 韓国大統領選挙はまるで、いつもどんでん返しが起こる韓国ドラマのようだ。過去の大統領選挙の帰趨を振り返ってみよう。

韓国ドラマを地で行く大統領選

 まず前回の大統領選挙。前回もパク・クネが有力だった。ハンナラ党のジャンヌダルクと呼ばれ彼女の人気は、世論調査で沸騰していた。しかし、大統領選直前に北朝鮮が動いた。これが流れを変えた。「軍の最高司令官(=大統領)は男でないとダメだ」と世論が流れ、イ・ミョンバク氏が逆転してハンナラ党の候補となり、当選した。

 前々回の大統領選を制したノ・ムヒョン元大統領は泡沫候補だった。国会内で彼を応援する議員は1人だけ。2人で始めた選挙戦と言われた。流れが変わったのは大統領選挙直前に行われた2002年日韓ワールドカップサッカー大会だった。イタリア、スペイン、ポルトガルといった強豪を撃破し、準決勝まで進出した韓国チームは国民に勇気を与えた。ワールドカップを自国で開催する中での準決勝進出。国民は「自分たちは先進国に仲間入りした」と自信を深めた。

 先進国民としての自信を深めた国民の間で「そろそろアメリカにノーと言おうぜ」との空気が生まれた。奇しくも国会議員に当選して以来、ノ・ムヒョン氏が一貫して訴えてきたのが「アメリカにノーと言おう」だった。ワールドカップが開催されるまで「自分たち韓国は、大国アメリカに対してノーなんて言えない」と誰もノ・ムヒョンを相手にしなかった。しかし、「アメリカにノーと言おう」のムーブメントは盛り上がり続け、ノ・ムヒョンが勝った。ちなみに事前の世論調査でノ・ムヒョンは一度も他候補をリードしたことがなかった。

コメント21件コメント/レビュー

参考にはなるが、賛同はできない典型的な韓国の政治感覚です。それは大統領制による過去の強権主義への反省と危機感が乏しい。その要因は、日本とは比較にならない程根強い儒教意識に基づく徳治主義、聖人君主論そして伝統的な中央集権政治体制。だから韓国の政治記事は読んでいても古臭くて底が浅い。アメリカ仕込の最新のビジネス記事なら読む価値があります。「アメリカにノー」の政治スローガンの一方で、国民はアメリカ留学に熱心という、矛盾した国民意識を省みないのも奇妙。中央政治システムを見習うなら米韓よりスウェーデンなどを精査すべきです。(2011/09/01)

「田村耕太郎の「経世済民見聞録」」のバックナンバー

一覧

「韓国政財界人が日本に提唱する「大統領制のススメ!」」の著者

田村 耕太郎

田村 耕太郎(たむら・こうたろう)

前参議院議員

早稲田大学卒業、慶応大学大学院修了(MBA取得)、米デューク大学ロースクール修了(証券規制・会社法専攻)(法学修士号取得)、エール大学大学院修了(国際経済学科及び開発経済学科)経済学修士号。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

参考にはなるが、賛同はできない典型的な韓国の政治感覚です。それは大統領制による過去の強権主義への反省と危機感が乏しい。その要因は、日本とは比較にならない程根強い儒教意識に基づく徳治主義、聖人君主論そして伝統的な中央集権政治体制。だから韓国の政治記事は読んでいても古臭くて底が浅い。アメリカ仕込の最新のビジネス記事なら読む価値があります。「アメリカにノー」の政治スローガンの一方で、国民はアメリカ留学に熱心という、矛盾した国民意識を省みないのも奇妙。中央政治システムを見習うなら米韓よりスウェーデンなどを精査すべきです。(2011/09/01)

 日本が韓国のようになったらオシマイですよ。 日本には韓国に劣るものはほとんどありません。民主党と社民党ぐらいか?韓国レベルなのは。(2011/08/31)

日本の議員内閣制の限界、まさにこの通り!(2011/08/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長