• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

細分化・一芸化が進む「アイドル呼称」の辞典(後編)

万人の憧れを得るための「細かさと身近さ」

2011年10月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

は行 ~人間じゃないアイドルの登場~

 「は行」のアイドル呼称を紹介します。は行の注目ポイントは、何といっても「バーチャルアイドル」。1990年代以降に顕著になったアイドル細分化の流れが、ついに人間ではないアイドルも生み出しました。

【バーチャルアイドル】CG(コンピュータグラフィックス)などの技術を使ってつくられたアイドル。1990年代の中ごろに誕生した概念です。先駆的事例には、ホリプロがプロデュースした伊達杏子があります。スポーツ紙での初出は、1996年4月9日の日刊スポーツ「CGのバーシャル・キャラクター ホリプロから6月CDデビュー 」でした。

 近年では初音(はつね)ミクが代表例。これは音声合成ソフトの名称でもあり、バーチャルキャラクターの名前でもあります。例えば動画共有サイトの「ニコニコ動画」では、初音ミクをボーカルとしたオリジナル楽曲の投稿が盛んです。映像作家が投稿楽曲のプロモーションビデオを創作するなどの「創作の連鎖」も起こっています。最近では、初音ミクが「ボーカルを務める」音楽CDが販売チャートの上位に入ることも。さらには初音ミクが「出演する」ライブまで登場しました(CGの初音ミクが透明なスクリーンに投影されてパフォーマンスを行う)。

【バラドル】バラエティー番組で活躍するアイドル。1980年代の末期に登場した概念で、井森美幸・山瀬まみ・松本明子といったタレントを主に指します。グラビアアイドルなどとともに、アイドル細分化の先駆的事例の一つと言えます。ただし最近は、バラエティー番組に強いアイドルをあえて「バラドル」と呼ぶことは少なくなりました。バラエティー番組において存在感を発揮することがアイドルの基本スキルとなったことと関係しているようです。スポーツ紙での初出は、1990年8月17日付けの日刊スポーツ「井森美幸 ドラマ『女王蜂』で本格女優に挑戦」でした。

【笛ドル】いつも縦笛を持ち歩いているアイドル。佐藤あずさが打ち出しているキャッチコピーで、一人一ジャンル系の一芸アイドルです。公式ブログのプロフィールには「投げる/転がす/たまに吹く/笛の可能性を追い求める笛アイドル」という不思議な文言が並びます。

【不思議系アイドル】常識とはかけ離れた発想や言動が魅力のアイドル。2001年にデビューした小倉優子あたりから、認知されるようになったアイドル呼称です。ちなみに当時の小倉優子は、自分自身のことを「こりん星からやってきた、りんごももか姫」と表現していました。スポーツ紙での唯一の用例は、2007年8月25日付けサンスポ「こりん星人は意外にお利口!?小倉優子、超難解17分長セリフ」でした。

【ブスドル】ブスをウリにするアイドル。藤子まいが打ち出しているキャッチコピーで、一人一ジャンル系の一芸アイドルです。ブスドルの由来は、デビュー当時(当時の芸名は小田切まい)のルックスが「女性芸人の大島美幸に似ている」とネットで話題になったこと。現在では藤子自身も「ブスドル」を売リ文句とするようになりました。彼女の愛嬌ある表情に魅せられている熱心なファンも存在します。

ま行 ~子どもが生まれてもアイドル~

 次に「ま行」のアイドル呼称です。ま行の注目ポイントは何といっても「ママドル」でしょう。1990年代に進行したアイドル細分化の先駆的事例の一つです。

【マジドル】マジック(手品)ができるアイドル。一人一ジャンル系のアイドルと思いきや、吉用(よしもち)由美、西尾舞生(まう)などのアイドルが同語をキャッチコピーとしています。

コメント0

「社会を映し出すコトバたち」のバックナンバー

一覧

「細分化・一芸化が進む「アイドル呼称」の辞典(後編)」の著者

もり ひろし

もり ひろし(もり・ひろし)

新語ウォッチャー(フリーライター)

CSK総合研究所を経て、1998年から新語専門のフリーライターに。辞書・雑誌・新聞・ウェブサイトなどに原稿を提供中。2009年より『現代用語の基礎知識』(自由国民社)で「流行現象」のコーナーを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授