• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

KDDI、「iPhone5」参入の衝撃

ソフトバンクの独占崩れ、auで11月にも発売

  • 小板橋 太郎,原 隆

バックナンバー

2011年9月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米アップルが今秋にも発売する「iPhone5」を、KDDIが日本で販売することが判明した。日本では初代iPhoneから3年間続いたソフトバンクによる独占販売体制が崩れる。加入者数でソフトバンクに追い上げられているKDDIにとって強力な援軍になりそうだ。

 関係者によると、KDDIは米アップルと既に「iPhone5」の国内での販売契約を締結し、全国のauショップなどで11月頃から販売を開始する方向で関係各方面との準備に入っている。iPhone5は10月中旬頃、全世界で発売が開始される見通しだ。

1社独占崩れる

 これまでiPhoneを独占販売してきたソフトバンクモバイルは9月29日に2012年冬春モデルの新製品発表会を実施することをインターネット上で公表しており、この日にiPhone5の発売を発表する可能性がある。つまり、iPhone5は国内では少なくともソフトバンクとKDDIの2社が扱うことがほぼ確実になった。

 iPhoneはソフトバンクが2008年にアップルとの独占販売契約獲得に成功し、国内で初めて発売した。初代の「iPhone3G」、2代目の「iPhone3GS」、3代目の「iPhone4」と、3機種いずれも爆発的にヒットし、日本のスマートフォン時代を牽引してきた。

 ソフトバンクは明らかにしていないが、米調査会社ガートナーなどの統計から類推すると、3年間での累計販売台数は今年9月末までで750万台前後に上る勢いだ。2009年3月期に70万台、2010年3月期に150万台、2011年3月期に320万台と倍倍ゲームで増やしてきた。現在ソフトバンクの月間加入者純増数は20万~30万件。このうち半数程度がiPhoneの新規契約者と見られている。新規だけでなく、ソフトバンク内での機種変更を合わせればiPhoneが月間30万件近い契約を獲得していることになる。

 KDDIにとってiPhone5の獲得は強力な援軍になりそうだ。KDDIは国内携帯電話加入者シェアでNTTドコモに次ぐ2位だが、2006年に携帯電話事業に参入したソフトバンクの猛追を受けてきた。今年6月末、ソフトバンクは累計加入者数を3000万件(買収したPHSのウィルコム加入者を含む)の大台に乗せ、8月末には、KDDI3353万件に対し3071万件まで迫る。その差は1年前の900万件から300万件弱まで接近していたのだ。

 このままソフトバンクの独走を許せば、KDDIが3位に転落するのは時間の問題だった。

 ソフトバンクはもともと電波を発信する基地局の整備が遅れていた。「現在はかなり回復したが、インターネットを快適に利用できる基地局インフラを持つKDDIがiPhoneを獲得すれば、iPhoneの市場の裾野は格段に広がるだろう」(通信アナリスト)。

 これまでソフトバンクに独占販売権を与えていたアップル側にも作戦変更の事情があったようだ。ソフトバンクがiPhoneで躍進しているとはいえ、さすがにその伸びは鈍ってきていた。出荷台数を見ると、昨年7~9月期に93万台、10~12月期に85万台、1~3月期に93万台とほぼ横ばいになっている。

コメント16件コメント/レビュー

もともと電気通信事業者は土管であって、端末は電電公社民営後すべて自由化されているのだから、参入は時間の問題だった。この内容が複数メディアで報道された後のニュースとしては、SBのスマホ加入がこの報道後皆無に近いとの一部報道がある。SB株も報道後急落状況が続いているのは、いかに孫氏がエリア拡大公言を無視しているかの裏返しでもあろう。だからこそ、嘆き発言も一部報道があるぐらいだ。(2011/09/29)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

もともと電気通信事業者は土管であって、端末は電電公社民営後すべて自由化されているのだから、参入は時間の問題だった。この内容が複数メディアで報道された後のニュースとしては、SBのスマホ加入がこの報道後皆無に近いとの一部報道がある。SB株も報道後急落状況が続いているのは、いかに孫氏がエリア拡大公言を無視しているかの裏返しでもあろう。だからこそ、嘆き発言も一部報道があるぐらいだ。(2011/09/29)

現行iPhoneユーザーがSBから乗り換えるときに『特別なサプライズ』がありそうで期待しています。」(iPhoneユーザー)(2011/09/27)

KDDIの払う代償で一番高いのは今回のリーク記事では?恐らくタダでは済まないでしょう。コミットメントを2~3倍に上げられる、仕切り価格を大幅に上げられる、何十億円という罰金を支払わされる、iPhone5の発表会でauだけハブられる。最悪色々払わされた上でiPhone5を売ってもらえない...etcけして表沙汰にならない所で大損害出すと思いますよ。例え一杯売れても涙目になるのでは?(2011/09/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長