• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

iPhone、KDDIの死角

2011年9月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

iPhone5販売へ水面下での準備を進めるKDDI。
発売はシステム対応によっては年明けにずれる可能性もある。
KDDIにとって、iPhoneによる通信量の増大は新たな悩みだ。

 「いろんな記事が出て、多数の方から質問を受けましたが、すべてノーコメントとさせていただいております。本当に申し訳ありません」――。

携帯電話発表会に出席した田中孝司社長。「iPhoneを販売するのか」との問いに笑ってかわす余裕を見せた(写真:PANA通信社)

 9月26日、KDDIの田中孝司社長は東京都内で開いたau携帯電話秋冬モデルの新商品発表会でこう答えた。本誌が22日に電子版で報じた「KDDI、『iPhone5』参入の衝撃」の記事を発端とする一連の報道へのコメントだ。

 3年前、ソフトバンクモバイルを巡っても同じような情景が繰り広げられた。「噂に対しては何もコメントすることはありません。ノーコメントです」。ソフトバンクの孫正義社長は新商品発表会の席上、こう質問をかわした。2008年6月3日のことだ。

 「iPhone3G」を巡り、NTTドコモと争奪戦を繰り広げていたソフトバンクが、「今年中に日本国内で発売する契約を米アップルと交わした」と電撃発表したのはその翌日だ。記者の追及に笑顔を見せながらもかたくなに「ノーコメント」を貫く田中社長の様子は、発表準備が最終段階に入っていることをうかがわせる。

 ただ今回の場合は、全世界でのアップルのiPhone5発表自体が10月4日頃と見られており、KDDIの販売参入の発表はそれより遅れそうだ。iPhone5の端末でauのEZメールが使えるようにするためのシステム調整に時間がかかっていると見られる。完全にEZメールに対応させるとすれば発売は年明けにずれ込む可能性もある。しかし、ライバルのソフトバンクもiPhone5をアップルの発売と同時期に発表する可能性が高く、ソフトバンクとの競争を考えればEZメールへの対応はせずに、見切り発車する公算も高い。

コメント6

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「iPhone、KDDIの死角」の著者

小板橋太郎

小板橋太郎(こいたばし・たろう)

前日経ビジネス編集委員兼副編集長

1991年立教大学文学部史学科卒、日本経済新聞社入社。整理部、社会部、産業部などを経て2011年から日経ビジネス編集委員。現在は日本経済新聞社企画報道部デスク

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師