• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

僕らが「ジョブズの魂」から学ぶもの

2011年10月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 30年ぐらい前、ジョン・レノンの死が伝えられた日も、静かなひんやりとした朝だった。ニューヨークのダコタ・ハウスの玄関で暴漢に射殺されたニュースは世界中に、大きな衝撃波として伝わった。若い時から、音楽シーンの変革の最先端を進み、世界中の多くの人間のライフスタイルや人生観までにも影響を与えたミュージシャンは、40歳の若さで、僕らの現実世界から消えた。

 スティーブン・ポール・ジョブズの死の情報は、レノンの時と同質な感覚を覚えた。悲しみよりも先に、彼がやってきたことを想い、時間軸でトレースし、自分自身の時間軸と重ね合わせたりした。身内がなくなるのとは別の、同時代を生きたものとしての感謝の気持ちの方が強いのかも知れない。

 ジョブズは、ジョン・レノンとボブ・ディランが好きだった。レノンもディランも、どこにでもいる不良少年や落ちこぼれから始まり、自らの心のおもむくままに表現活動を行い、影響力を増し、やがて社会的にも確固たる地位と評価が与えられた。レノンは英国で勲章をもらい、ディランは今年のノーベル賞にノミネートが噂されたりしている。

 ジョブズもレノンと同じように、何歳になっても、悪ガキのような口の悪さで有名だった。古い社会では、子どもは反抗しても、やがて挫折して、大人になって社会常識を学び、今度は子どもたちに反抗されて乗り越えられていく、というものであった。しかし、ジョブズもレノンも、悪ガキのまま社会に出て、そのまま年を取っていったが、少年の時のシンプルなハートと、好奇心を失わなかった。レノンはギターを持って世界に出ていったが、機械好きのジョブズ少年は、ゲーム機器の会社からパソコン開発への道を歩んだ。

アルバムを発表するようにビジネスを展開した

 ジョブズのプロダクツが、それまでのエンジニアが作ったものと違うのは、それが単なる製造機械ではなく、レコードアルバムのように、ジョブズの表現物になっていたことである。iPadが生まれた時、ジョブズは、「僕の人生で最高のものが出来た」と言った。それは、単に性能の良い商品が出来たとか、売れる商品が出来たというのとは違う、「自分の表現したいプロダクツが出来た」という風に、僕らは受け取ったはずだ。まさに「ジョブズの魂」なのである。

 パソコンの文化が、単なる製造機械の歴史ではなく、カルチャーの歴史であるとしたら、ロック・ミュージシャンがアルバムを発表したように、ビジネス展開したのは、ジョブズだけだろう。

 「Apple I」「Apple II」は、ポップなデザインと斬新なコンセプトで、ジョブズのデビューを飾った。かじりかけのリンゴは、ビートルズへの想いを継承する意志のようにも思えた。20代で長者番付に乗るようになり、ロック・ミュージシャンの栄光のような夢も体現した。

 やがて「Lisa」を開発し、「Macintosh」の発表で、世界中に衝撃を与えた。「Macintosh」のグラフィカル・ユーザー・インターフェイスは、それまで論理的に組み立てられていた操作方法を、感性の自在性で扱うものであった。それは、まるで、新しい時代のシンセサイザーのように、パソコンを使って時代の情報を演奏するような楽しみに、僕らを導いた。ジョブズと同時代の巨人であるビル・ゲイツは、驚異的な知力と政治力でもってOSを支配したが、ジョブズの方が、より身軽に時代を泳いだように見える。ジョブズが天才だとしたら、ゲイツは秀才という分け方が出来るのかも知れない。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「僕らが「ジョブズの魂」から学ぶもの」の著者

橘川 幸夫

橘川 幸夫(きつかわ・ゆきお)

デジタルメディア研究所代表

1972年、音楽雑誌「ロッキングオン」創刊。78年、全面投稿雑誌「ポンプ」を創刊。その後も、さまざまな参加型メディア開発を行う。現在、阿佐ケ谷アニメストリート商店会会長、未来学会理事などを勤める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師