• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

iPhone争奪戦後の消耗戦

  • 小板橋 太郎,白石 武志

バックナンバー

2011年10月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

スマートフォンの爆発的普及で、携帯電話端末の「均質化」が進む。KDDIのiPhone獲得はその流れを加速させる。携帯各社は料金と通信品質でしか争えない「ダムパイプ(土管)」になるのか。

 「他社のことについてはコメントできません」。9月29日に東京都内のホテルで開かれたソフトバンクモバイルの新製品発表会。孫正義社長の取材が終わると、新製品の展示コーナーにできていた人だかりはあっという間に消えてしまった。

 この日集まった報道関係者らの関心は、ライバルであるKDDIからも発売される米アップル製の人気スマートフォン「iPhone」に向けられた。孫社長への質問の中身は独占販売体制が崩れるソフトバンクの対応に集中し、発表されたばかりの新製品についてのやり取りは少なかった。

 「iPhoneばかり話題にして」と眉をひそめる向きがあるが、それは仕方がない。ソフトバンクがこの日発表した新製品のうち、最上位機種と見られるシャープ製スマートフォン「104SH」の展示コーナーにはモックアップ(模型)が並べられていただけ。搭載予定のOS(基本ソフト)が未発表であるなどいくつかの理由はあるものの、機種数を増やすために発表を無理に前倒ししたという印象がぬぐえなかった。

スマートフォンで機種数減

 かつて孫社長にとって最大の見せ場だった新製品発表会の注目度が下がってしまったのはなぜか。2009年冬以降の同社の主な新製品発表会の機種数とメーカーを集計しながらその理由を探ってみると、同社のiPhoneシフトによりほかの携帯電話を製造するメーカーが離れていった姿が浮かび上がる。

 下のグラフを見てほしい。2年前の2009年冬~10年春モデルの新製品は22機種。当時はまだ従来型の携帯電話が主力で、新製品の7割以上は日本メーカー製だった。ソフトバンクは既にiPhoneシフトを鮮明にしていたが、この頃は米マイクロソフトのOS「ウィンドウズ・モバイル」を搭載したスマートフォンも揃えていた。

 その1年後の2010年冬~11年春モデルでは21機種、国内メーカーの比率が5割未満に低下し、それを補うように中国や台湾、米国など海外メーカーの製品が目立つようになった。新製品ラインアップの中からウィンドウズ・モバイルの搭載機種がなくなり、代わって米グーグルの無償OS「アンドロイド」を搭載したスマートフォンが増え始めた。

コメント3

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)