• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

猛追を受けるアップルが仕掛けた特許係争の行方

反アップル陣営は買収や相互許諾で包囲網を強化

  • 加藤 靖子

バックナンバー

2011年10月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 10月14日に国内でソフトバンクモバイルとKDDIの2社から発売された米アップルの新型スマートフォン(高機能携帯電話)、「iPhone 4S」が話題を集める裏で、アップルと韓国サムスン電子の間で勃発した訴訟合戦が泥沼の様相を呈している。特許などの知的財産権を盾にした両社の対決はエスカレートし、出口が見えなくなり始めた。

 係争が始まったのは今年4月中旬。米グーグルのスマートフォン向けOS「アンドロイド(Android)」を搭載したサムスン製のスマートフォンとタブレット端末が、自社の「iPhone」と「iPad(アイパッド)」にそれぞれ酷似しているとして、特許侵害および商標権の侵害でアップルがサムスンを米カリフォルニア州北部連邦地方裁判所に提訴した。

 訴状によると、「角の丸い長方形型、銀色の縁、フラットな表面と上下の目立つ黒いボーダーラインの組み合わせ、背面の緩やかなカーブ、角の丸い四角形のアイコン表示などがそっくりだ」として、アップルは製品のデザインに関わる特許権の侵害を中心に訴訟を起こした。

 その後アップルはサムスンを相手に同様の訴訟を米国以外でも展開。日本、韓国、ドイツ、フランス、オーストラリアなど世界10カ国で、30件近くに上る訴訟を抱えるに至った。

 攻撃的な姿勢でサムスン製品を容赦なく潰しにかかるアップル。その舞台裏には、アップルのスマートフォン市場での地位が揺らいでいるという事情がある。

アンドロイド・ウィンドウズフォンの攻勢で競争が激化

 米調査会社のIDCによると、2011年の世界のスマートフォン市場(出荷台数ベース)は、対前年比55%増の、4億7200万台に拡大すると予想されている。さらに2015年には10億台にまで成長すると見込まれている。

 世界のパソコン市場(同)の成長鈍化を背景に、米グーグルや米マイクロソフトがこのスマートフォン市場の成長性に着目して、スマートフォン向けOSに相次いで参入。

 アップルはiPhoneの発売によってスマートフォン市場の先駆者となり独走状態にあったが、ここにきてグーグルのアンドロイドを搭載したサムスンや台湾・宏達国際電子(HTC)のスマートフォンがシェアを急速に伸ばし、iPhoneの牙城を脅かしている。

コメント11件コメント/レビュー

▼「単純に状況の認識」という意味では悪くない記事だと思っていましたが、皆さん、かなりの辛口コメントですね。と思ったら、「その道のプロフェッショナルである執筆陣が独自の視点で鋭く解説。ニュースの裏側に潜む意外な事実、一歩踏み込んだ読み筋」だったのですね。納得。▼かつて、AppleがMSのGUIを訴えて負けたのを思い出しました。恥ずかしいのはサムスンだけではありません。勝てば官軍。(2011/10/18)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

▼「単純に状況の認識」という意味では悪くない記事だと思っていましたが、皆さん、かなりの辛口コメントですね。と思ったら、「その道のプロフェッショナルである執筆陣が独自の視点で鋭く解説。ニュースの裏側に潜む意外な事実、一歩踏み込んだ読み筋」だったのですね。納得。▼かつて、AppleがMSのGUIを訴えて負けたのを思い出しました。恥ずかしいのはサムスンだけではありません。勝てば官軍。(2011/10/18)

何が目的なのかよくわからない記事でした。アップルのトップシェアの牙城が崩され始めているのはわかりますが、それに危機感を感じたからのみアップルが訴訟を起こしたとでも?そして巨大企業の知的財産やアイデンティティはコピーされて市場切り崩しに利用されても良いと?それによってシェアが実際奪われているというのなら、ことの重大性という意味でどちらがテーマにされるべきでしょうか?日本だって、デザインではないにしろパテントなどで同様の問題が起こりえるし起こっているのでは?この点をすっ飛ばしてシェア云々というと、まるでビジネスでは既にこうした問題が容認されているとでもいいたげな恣意性を感じてしまいます。いずれにせよ何ら知りたい新しい情報はなかった。アップルのアイデンティティの一つはデザイン性です。以前もiMacに似たパソコンが雨後のタケノコのように出てきたときは、それほど大きな会社とは言えないソーテックも訴訟対象になりました。今回はシェア云々以前の問題としてアップルの逆鱗に触れた、ということだと思います。これでもサムソンに有利な結果になるのであれば、それを容認したとも言えるこうした記事はジャーナリズムのあるべき姿とは言えないでしょうね。(2011/10/18)

今更な記事。新情報も無い。普通に見ればGalaxyはどう見てもiPhoneのパクリ。欧州での状況を見てもわかるようにAppleが当然有利。SamsungはGalaxyを出したことによってパクリメーカーと認識され、訴訟を起こすことでモラルの無い厚顔企業と認識される。せっかくすごい業績を上げているのにこういうことをしていてはいつまでたっても尊敬される企業にはなれないでしょう。(2011/10/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長