• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

家飯、うちカフェ、宅飲み。家ワードの研究。

外でやることは家でも。家でやることは外でも。

2011年10月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 筆者は、最近「家飯(いえめし)」という言葉が普及していることに気づきました。グーグルで検索すると「家飯」で66万件、「家メシ」で17万件、「家めし」で13万件のページがヒットします(執筆時現在)。これらの言葉はいずれも、自宅で料理を作ることや、自宅で食べる料理のことを意味します。おそらく外食や外飯(そとめし)に対して、自宅の料理・食事を区別するために登場した表現なのでしょう(詳しくは本連載のバックナンバー「弁当ワードから見る、食のアウトソーシング事情」をご参照ください)。

 個人的には、この言葉に野暮なツッコミを入れたい気持ちがあります。「料理は、元々自宅で食べるものじゃないのか?」と。まぁ、それだけ食生活における外食の存在感が大きくなった、ということかもしれません。

 「家○○」という語形のキーワードが近年、少しずつ増えています。家庭用ゲームを表す「家ゲー」、家庭用の固定電話を表す「家電(いえでん)」、自宅での飲み会を表す「家飲み」などの言葉です。これらの言葉のうちには、元々は存在しなかった習慣を自宅に持ち込む概念(家ゲーなど)や、元々自宅にあったものを再命名した概念(家電=いえでん=など)などが存在します。ただ、いずれもライフスタイルの変化を反映していることだけは共通しています。

 今回の「社会を映し出すコトバたち」は、近年登場した家ワードについて紹介します。紹介する語を通じて、家庭で起こっているライフスタイルの変化を観察してみしましょう。なお本稿では家○○という語形のほか、宅飲み(たくのみ)などの「宅○○」語形、うち飲みなどの「うち○○」語形も調査対象に加えています。

「うち飲み」というイマドキな表現

 ところで家ゲー、家飯などの新語を列挙すると、まるで「家○○」という語形は「浅い歴史しか持たない」との印象を受けるかもしれません。

 でもよく考えてみると、日本語の語彙には「家○○」という語形の熟語が数多く存在します。家庭、家族、家計、家柄、家賃、家屋、家具、家持ちなどの言葉を見れば一目瞭然でしょう。広辞苑・第六版(岩波書店)の電子版で「家」を検索語に前方一致検索を行うと、実に300件以上もの項目が登場します。

 家○○ほどの種類はないものの「宅○○」という語形も昔から存在します。例えば宅地、宅料(家賃のこと)などです。広辞苑の前方一致検索では、全部で20件の項目がみつかりました。つまり「家○○」も「宅○○」も、語形自体は新しくないことが分かります。

 家○○や宅○○に比べて、特異な位置にあるのが「うち○○」という表現でしょう。ちなみに広辞苑の電子版で「うち」を前方一致検索すると、手元ソフトの最大値である400件もの項目が登場します(400件以上の項目数が存在することを意味する)。しかし「家庭」を意味する「うち○○」を探そうとすると、これが意外と難しいのです。確かに内入り(自分の家に入ること)とか内方(自宅のこと)などの言葉は見つかるものの、いずれも日常生活ではあまり登場しない表現です。

 その意味で、近年登場した「うち飲み」「うちごはん」「うちカフェ」(詳細は後述)などの言葉は家○○や宅○○に比べて、今風な表現だと言えるかもしれません。

コメント0

「社会を映し出すコトバたち」のバックナンバー

一覧

「家飯、うちカフェ、宅飲み。家ワードの研究。」の著者

もり ひろし

もり ひろし(もり・ひろし)

新語ウォッチャー(フリーライター)

CSK総合研究所を経て、1998年から新語専門のフリーライターに。辞書・雑誌・新聞・ウェブサイトなどに原稿を提供中。2009年より『現代用語の基礎知識』(自由国民社)で「流行現象」のコーナーを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長