• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新版OS、喜べぬ日本勢

  • 中島 募

バックナンバー

2011年11月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米グーグルがモバイル向けOSの最新版を発表した。スマートフォンとタブレット端末でアプリの互換性が向上。高機能化で端末の差別化が難しく、日本の優位が薄れる面も。

 米グーグルは10月19日、香港で開催されたイベントでモバイル向けOS(基本ソフト)の最新版「アンドロイド4.0」を発表した。日本ではNTTドコモが11月にも、同OSを搭載する韓国サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーネクサス」を発売する予定。10月14日に登場した米アップルの「iPhone4S」の強力なライバルになる。

 今回発表された最新版はグーグルにとって、スマートフォンとタブレット端末の両市場で覇権を握るうえで、重要なものとなる。

 グーグルはこれまでスマートフォン向けには「2.0系」、タブレット端末向けは「3.0系」と異なるバージョンのアンドロイドOSをリリースしていたが、最新版ではこれを統合した。今後登場するアンドロイド端末の搭載OSはスマートフォン、タブレットともに4.0系になる。

 グーグルがOSのバージョン系列を統合した背景には、アプリケーションの互換性の問題がある。アンドロイドOSは、iPhoneやiPadに搭載されている「iOS」に比べて搭載台数のシェアは上回っているものの、対応アプリの販売金額では水をあけられている。スマートフォンやタブレット端末のアプリ市場でダウンロードされている有料アプリのうち、8~9割はiOS向けとも言われている。

互換性の向上でアップルに対抗

 iOS向けアプリが強い理由の1つに互換性の高さがある。iPhoneとiPadは基本的に同じバージョン系列のiOSを搭載しているのでアプリの開発がしやすく、ユーザーも互換性をあまり意識せずにアプリを購入できる。一方アンドロイド端末は、スマートフォンとタブレットで異なるバージョン系列のOSを搭載しているため、アプリの互換性が低い。

コメント6件コメント/レビュー

日本勢がフィーチャーフォンで実装してきた機能と言うのなら知的財産を持っているわけで、逆に世界の企業と戦えるのではないのか?キャッチアップされたと泣くのは経営者が無能だった証拠じゃないのか?Apple以外のメーカーがやることはAndroidを搭載するにしてiPhone以上の魅力ある端末を開発すればいいだけの話。それぐらい考えることのできる有能な人材は日本にいますよ。一番大事なのは有能な人材を見抜き、引き抜き、登用し、裁量を与えることに他ならない。(2011/11/09)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本勢がフィーチャーフォンで実装してきた機能と言うのなら知的財産を持っているわけで、逆に世界の企業と戦えるのではないのか?キャッチアップされたと泣くのは経営者が無能だった証拠じゃないのか?Apple以外のメーカーがやることはAndroidを搭載するにしてiPhone以上の魅力ある端末を開発すればいいだけの話。それぐらい考えることのできる有能な人材は日本にいますよ。一番大事なのは有能な人材を見抜き、引き抜き、登用し、裁量を与えることに他ならない。(2011/11/09)

現状認識がズレている(当然結論は意味不明)。何かを誘導しようとする意図は見えないので埋め草なのでしょうが、それとしてもあまりにも酷い。(2011/11/08)

携帯電話/スマートフォンにおける「日本メーカーの存在感」は、当初から存在していないという現実を直視するべきではないですか?いつまでも、日本の製造業は世界一だと思っていたい気持ちは分かりますが、既にいくつかの家電分野で韓国、中国勢に追い越されている事は、冷静に見てみれば分かる事ですよね。特にスマートフォン、テレビは、日本企業が活躍出来る可能性は、ゼロだと思います。(2011/11/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表