• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

オリンパス、損失隠しの罪

  • 石黒 千賀子,阿部 貴浩,小谷 真幸

バックナンバー

[1/2ページ]

2011年11月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

オリンパスの不透明な買収は、過去の損失隠しが目的だった。歴代経営者が隠し続けた秘密を外国人社長に暴かれた形だ。信頼回復には、決算訂正や経営陣の責任追及などが急務だ。

 「前回の発表は間違いだった。大変、不適切な処理をしてきた」。11月8日、東京都内で記者会見したオリンパスの高山修一社長は、硬い表情で一連の事態を説明した。

15年にわたる損失隠し?

 同社によると、1990年代から投資有価証券などに損失が発生していたという。高山社長は会見で、「90年代の円高で業績が悪化したことが原因」としており、ここから類推すると、1ドル=79円75銭という当時の最高値をつけた95年4月頃が問題の発端ということになる。「円高による業績悪化」→「財テク目的の有価証券投資」→「損失発生」→「含み損の不適切処理」という流れが想像できる。肝心の損失額については精査中と言うが、数百億円規模になる可能性がある。

 2008年に買収した英医療機器メーカー、ジャイラスの案件では投資助言会社に買収額の3分の1に当たる7億ドル弱もの報酬を支払った。本業と関係の薄い国内3社の買収には約730億円超を投じた。オリンパスの説明によれば、一連の不透明な買収の主目的は企業価値向上ではなく、過去の損失の穴埋めだったことになる。

コメント6件コメント/レビュー

難しいのは再発防止。現経営陣は全く反省しておらず間違いなく同じ事を繰り返します。(2011/11/15)

オススメ情報

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

難しいのは再発防止。現経営陣は全く反省しておらず間違いなく同じ事を繰り返します。(2011/11/15)

私が本当に読みたい記事は「日経、“オリンパス損失隠し”隠しの罪」です。小さな月刊誌FACTAが報じることができた不祥事を、日本を代表する経済紙であるはずの日本経済新聞社の全メディアが報じることができなかったのはなぜか。こちらの方がオリンパス本体の不祥事よりもはるかに巨大なスキャンダルです。オリンパスの事件が日本企業全体への不信を招いているのと同様に、これまでオリンパスの件を報じなかった日経は日本の経済ジャーナリズム全体に対する不信を招いてると考えます。その経済ジャーナリズムの機能不全はどうして起こったのか。日経自身による自己分析と自己批判が不要だと考えるべき理由が全く思い当たりません。(2011/11/15)

2008年の時に契約結んでた経理会社から指摘されたんでしょ?ところが指摘後にその会社との契約を破棄。オリンパスが故意に悪質な行為をしていたのは明白。上場廃止しなかったら世界から日本の市場は信用されなくなるだけ。(2011/11/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

5年前は(日本製を好む中国人の消費は)一過性のものだと考えていた。

高原 豪久 ユニ・チャーム社長