• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

実は切ない、中国人の世界展開

中国人の原動力は政府不信にあり

2011年12月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

世界に展開する中国人

 日本にはびこる中国脅威論。これは、TPP議論で騒がれた米国陰謀論に並ぶ、過剰な被害妄想だと思う。中国は脅威というより、内からぐらつき始めているのではないか。中国の繁栄は続くかもしれないが、人材と富の流動に拍車がかかるだろう。それは「中国人の海外での活躍の背景に、切ないまでの中国政府不信がある」からだ。世界に果敢に進出している中国人。その大半は、中国国家や国営企業のために身を捧げるような人たちではない。

 中国人が目覚ましい勢いで世界各地へ進出している。米国の国際教育研究所は、米国の大学で学ぶ外国人留学生が2011年、過去最高の約72万3000人に達したことを明らかにした。2000年度と比べて32%と激増している。その中で、中国人留学生の増加ぶりは他を圧倒する。米国へ最多の留学生を送り出しているのは中国で約15万8000人だ。全留学生の18.5%を占める。2位はインドの10万4000人、3位は韓国の約7万3000人。この数字を見ると、中国人はグローバルに活躍して、まさに世界を制覇せんばかりの勢いだ。

 インパクトがあるのは人数だけではない。その奮闘ぶりも各地で話題になっている。ボストンコンサルティンググループ(BCG)で東京代表を務める御立尚資氏からこんな話を聞いた。BCG東京は今年から、北京で中国人を採用し始めた。御立代表をはじめ、BCG東京を驚かせたのは、日本語の知識が全くなかった彼らが1~2か月で流ちょうな日本語を話すようになったこと。これが日本人社員に大きな刺激を与え、社内を活性化させたという。日本でも即・戦力になるくらい気合が入っているのだ。

東大生の心を打った中国人留学生の本音

 世界に展開する中国人の人数や彼らの気合が、中国脅威論を増幅させる。この背景にあるのは国家資本主義なのか? 中国に忠誠を誓った若者たちが国家のために、身を捧げるべく頑張っているのだろうか?

 このことについて考えさせられる機会があった。つい最近のことである。東大の駒場祭を訪れ、刺激的なパネルディスカッションに登壇した。テーマは「若者よ世界へ出よ」というもの。「中国で最も有名な日本人」と言われる北京大学研究員の加藤嘉一氏、東大理事の江川雅子さん、そして私の3人が「若者の海外展開」について熱く語り合った。

 ディスカッションは、3時間半近くの長丁場だったにも関わらず、大勢の立ち見が出るほどの大盛況。もちろん出席者の大半は東大生だった。

 「東大生よ、海外へ出ていけー」という趣旨を、理路整然(?)と具体例を持って熱く説いていたら、中国人留学生から鋭い指摘をもらった。

 「中国なら『若者よ世界へ出ろ』なんてパネルは成立しません。だって、大人から言われなくても、みんな猛烈に外へ出たいんですから! 中国人には日本人と比べてたくさんのハードルとリスクがあります。情報は政府に統制されているし。ビザを取るのも大変だし。お金も日本人よりないです。それでも皆、海外へ出たいんです。私たち中国人から見て日本人は、留学するにも恵まれています。なのに、なぜ出ないのですか」

コメント4件コメント/レビュー

80年代、日本でよく聞く民衆だ、自由だと耳に豆できている。まず定義を下さい。そして、この文書はアピールしたいですか?それなら、毎日の電車の事故の原因でも調べに行け。二流は何借りても2流です。変わりはないです。日本語でいうと、議員の孫は議員になる確率が大きいと形の民主主義だそうです。(2011/12/02)

「田村耕太郎の「経世済民見聞録」」のバックナンバー

一覧

「実は切ない、中国人の世界展開」の著者

田村 耕太郎

田村 耕太郎(たむら・こうたろう)

前参議院議員

早稲田大学卒業、慶応大学大学院修了(MBA取得)、米デューク大学ロースクール修了(証券規制・会社法専攻)(法学修士号取得)、エール大学大学院修了(国際経済学科及び開発経済学科)経済学修士号。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

80年代、日本でよく聞く民衆だ、自由だと耳に豆できている。まず定義を下さい。そして、この文書はアピールしたいですか?それなら、毎日の電車の事故の原因でも調べに行け。二流は何借りても2流です。変わりはないです。日本語でいうと、議員の孫は議員になる確率が大きいと形の民主主義だそうです。(2011/12/02)

 脱出派の中国人の切なさは分かるが、仮に数億人が脱出したとしても、10億余の中国人が残る。彼らが豊かになろうとし、政府・党がこれを宥め、統治しようとすれば、戦前我が国が実行したように、移民を奨励したり、満州国を樹立したように膨張せざるを得ない。 それが、正に脅威であって、切ない脱出者が多いからと言って脅威を忘れたり、同情していてはいけない。 日本人学生には、この脅威を十分知らせ、ハングリーになれと諭すべきである。(2011/12/01)

彼らが海外に出る動機は非常に個人的なもののようです。でも国の指令で盗みに来たとしても、正直にそう言うと思いますか?出て来た彼らがそこの会社や大学でデータを盗む行為はどうでしょうか?個人的な利益を求める場合と、国に脅されてする場合がやはりありそうです。卒業する前に、市民権を得る前に、パスポートを取り上げられたくはないでしょう。できるだけ長く居たいでしょう。でも取り上げられては戻るしかありません。戻りたくなくて、或いは戻ってからの地位や名誉、それとも金のためにか、理由は様々でしょうが・・・学生も言っていますよね。相手は「恐ろしい国」なんです。>13億人が一体となって日本に攻めてくるなんて被害妄想にすぎない当然でしょう。向こうが空になりますもん。そうなったらロシアもベトナムがやり放題。でも1割は有り得ますよ。>まさに世界を制覇せんばかりウイグルやチベット、満州が実際そうなりました。海外で市民権を得、自由を知っている華僑はアンチ中国か?そんなことありません。母国です。送金しています。投資もしています。結局、「恐ろしい国」を支援しているんです。>さらに切なさが増したナイーブ過ぎませんか?(2011/12/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長