• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

高級化粧品も“百貨店離れ”

2011年12月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

百貨店がほぼ独占的に販売してきた外資ブランドの化粧品。だが今後は、郊外SCや駅ビルでも取り扱いが始まる。百貨店の強みがまた1つ、薄れるかもしれない。

「コスメーム」では、来店客が自由に商品を選べるほか、カウンセリングコーナーも備える(写真:山本 琢磨)

 白を基調にした上品な売り場に、高級感ある漆黒の什器。棚にはシャネルやディオール、ランコム、イヴ・サンローランといった外資高級ブランドの化粧品が並び、売り場を専任の美容部員が行き来する――。

 一見すると、百貨店か免税店のようにも見えるが、売り場があるのは日本最大級のSC(ショッピングセンター)、「イオン レイクタウン」(埼玉県越谷市)の一角だ。イオンは11月、同SCの中に外資高級化粧品ブランドを集めたセレクトショップ「コスメーム」を開業させた。 コンセプトは「ネイバーフッド ラグジュアリー(手に届く贅沢)」。郊外SCという消費者にとって身近な場所で、高級化粧品が買えるようになった。

百貨店の牙城に挑むイオン

 「成熟市場を活性化するには流通革命を行う必要がある」。外資高級化粧品ブランドの日本支社長や副社長が勢揃いしたコスメームの開業会見で、イオンの岡田元也社長はこう強調した。

 高級化粧品ブランドは今まで、販路の大半を百貨店が占めてきた。イオンはこの百貨店の独占販売を崩し、日本で初めて、SC内で高級化粧品を販売することに成功したのだ。

 「日本の潜在力を見ると、もっと大きな流通機構で商品を販売したかった。ようやくふさわしい環境ができた」。同会見でシャネル日本法人のリシャール・コラス社長はこう話した。

 このコスメームの存在が今、百貨店業界に大きな波紋を起こしている。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「高級化粧品も“百貨店離れ”」の著者

日野 なおみ

日野 なおみ(ひの・なおみ)

日経ビジネス記者

月刊誌「日経トレンディ」を経て、2011年から「日経ビジネス」記者。航空・鉄道業界や小売業界などを担当する一方、書籍編集なども手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック