• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エコカー、震災が呼ぶ「原点回帰」

  • 加藤 修平,山根 小雪

バックナンバー

2011年12月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「第42回東京モーターショー2011」が12月11日まで、東京都内で開かれた。2年ぶりになる自動車の祭典で、自動車各社のトップは開発戦略を熱く語った。震災から復興し、エコカーの次を狙う戦略の柱は「原点回帰」だ。

 「ガソリンのにおいとエンジンの音が大好きなので、こうしたクルマをなくしたくない」。トヨタ自動車の豊田章男社長は11月30日、東京モーターショーの報道向けの公開日に登場。富士重工業と共同開発した小型スポーツカー「86(ハチロク)」を前に、クルマの原点とも言える「走りの良さ」を強調した。

「86」を前に満面の笑みを見せたトヨタの豊田社長と富士重工業の吉永泰之社長(写真:的野 弘路)

 ハチロクはトヨタにとっては、久々のスポーツカー。少しでも時間ができれば試乗を重ねるほど、豊田社長の思い入れの強いクルマだ。かつて人気を博した「カローラレビン」と「スプリンタートレノ」の共通型番が「AE86」。これを現代に蘇らせるというのが開発コンセプトだ。

 さらに、AE86が一世を風靡した1980年代のキャッチフレーズ「FUN TO DRIVE」になぞらえて、次なるキャッチフレーズを「FUN TO DRIVE, AGAIN.」に定めた。

 一方でトヨタはPHV(プラグインハイブリッド車)の「プリウスPHV」も発表した。EV(電気自動車)、燃料電池車に新型のハイブリッド車とエコカーのラインアップをずらりと揃えた。豊田社長は、「エコカーの選択肢は1つには定まらない」と断言。全方位で開発を進める方針も改めて表明した。

 だが、それよりも印象深かったのは、「楽しくなければクルマではない」「若い人がクルマに興味がないと言われ、メーカーとして正直悔しい」という豊田社長の言葉だ。若者のクルマ離れに歯止めをかけるため、自由に走り、曲がり、止まるというクルマ本来の魅力を懸命にアピールする姿からは、原点回帰への強い意志が垣間見えた。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)