• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本発の「世界一」が集結

2011年12月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「第10回日本イノベーター大賞」の表彰式が開かれた。「緩まないナット」を開発した若林氏が大賞を受賞。なでしこジャパンの佐々木監督など多彩な顔ぶれが集った。

 12月2日、10回目を迎える「日本イノベーター大賞」(日経BP社主催、第一三共協賛)の表彰式が、東京都内のホテルで開かれた。

 今年の受賞者は4人。選考委員長を務めた小宮山宏・三菱総合研究所理事長は総評で「東日本大震災で試練を負った日本人を励ます『世界一』が揃った」と語った。

 大賞は、ハードロック工業の若林克彦社長。「東大阪のエジソン」の異名を持つ若林社長は、日本建築の伝統である楔(くさび)の技術を応用した「緩まないナット」を30年以上前に開発した。現在では、震災の衝撃に耐え1両も脱線することがなかった東北・上越新幹線や、国内の重要建築物などに多用され、英国や台湾など営業エリアを世界に広げつつある。

左から田澤玲子氏(小暮氏の代理)、井上氏、若林氏、佐々木氏(写真:菅野 勝男)

 円高や資源高など六重苦に悩む日本の製造業。それでも若林社長は「『心豊かな創造性を磨き、無から有を生み出し進展させる』という基本理念の下、自分たちのやるべきことをやれば、おのずと未来が拓ける」と話した。

「絶対1位でなければならない」

 特別優秀賞は、理化学研究所と富士通が共同開発したスーパーコンピューター「京(けい)」の開発チーム代表、井上愛一郎・富士通常務理事が受賞した。京プロジェクトは2009年11月、事業仕分けで蓮舫参院議員に「2位じゃダメなんでしょうか」と指摘された。

 しかし井上氏らは「むしろ莫大な税金を投入してやる以上、絶対に世界一でなければならない」と奮起。今年6月、世界のスパコンの演算速度ランキングである「TOP500リスト」で2位の中国に3倍以上の差をつけて首位の座を獲得。2004年の「地球シミュレーター」以来、7年ぶりに日本のスパコンを世界一に返り咲かせた。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「日本発の「世界一」が集結」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

白石 武志

白石 武志(しらいし・たけし)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社編集局産業部(機械グループ)、京都支社、産業部(通信グループ、経営グループ)を経て、2011年から日経ビジネス編集部。現在は通信、半導体、家電業界などを担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

武田 安恵

武田 安恵(たけだ・やすえ)

日経ビジネス記者

大学院卒業後、2006年日経ホーム出版(2008年に日経BPと合併)に入社。日経マネー編集部を経て、2011年より日経ビジネス編集部。主な担当分野はマクロ経済、金融、マーケット。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官