• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

絶頂期にあって苦悩するシンガポール

30年でGDP13倍!しかし国民の結束意識が懸念

2012年1月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 企業の海外移転先、富裕層や高度なスキルを持つ人材の移籍先として、シンガポールが注目を集めている。日本では「シンガポールに行かねば時代遅れ」との切迫感さえただよう。一方、そのシンガポール政府が、そしてシンガポール人が自信を失いつつある。先日、シンガポールを訪問した際、政府高官や実業家などのエリート層からシンガポールの将来を危惧する声を多く聞いた。

 主に以下のようなものだ。
 「アジアが豊かになれば我々の存在意義はなくなる」
 「国民としての結束力が薄まっている」
 「今後は一党独裁の疑似民主主義は成り立たない。若い世代はリークワンユーのスタイルを受け入れていない」

 「シンガポールのパスポートと欧豪のパスポートが選択できるなら、我が子にはシンガポールのパスポートを選ばせない」

 エリート層が次々と私に漏らした。私には少し意外だった。成功の絶頂期にある国で、こういう的確な危機感をエリート層が持っていることは、この国の強みだとは思ったが…

45年で、アジアで最も裕福な国家をつくり上げた

 「シンガポールは快適である」。

 これは観光客はもちろん、シンガポールの国民やPR(永住権保持者)を含めたほとんどすべての滞在者が持つ実感である。安全でコンパクトで効率的。しかも豊か。ホテルもレストランも、カジノや動物園などのアトラクションもよく整備されている。1人当たりGDPも、今や4万3000ドルに達し、アジアにおいて断然トップを走る。円高でGDP値が膨れ上がる日本をも寄せつけない。

 シンガポールの快適さを最もよく表しているのが昨今の人口増だ。2005~2010年の平均人口増加率は2.5%。ちなみに日本はマイナス0.07%だ。2000年からの10年間で見ると、103万人増加した。シンガポール統計局が2010年に実施した国勢調査によると、人口508万人のうち、64%に相当する323万人が国民。残りのうち、54万人がPR(永住権保持者)、131万人が一時滞在者となっている。

 シンガポールは、30年間で名目GDPを13倍にした。都市国家として、最高のモデルと言われる。それをコピーして成長しようという国や地域も多い。ロシア、中国、ドバイはもちろん、沖縄や大阪もシンガポールをお手本にしようとしている。半世紀に満たない45年で、アジアで最も裕福な国家をつくり上げた、シンガポールの生みの親、リークワンユー氏の手腕に敬意を表したい。

コメント2件コメント/レビュー

以前のコラムで、筆者が提案されたシンガポールの先進性を日本が学ぶことは、なお重要性を失うものではないと感じると同時に、筆者の指摘通り世界の手本となっている時期に国のリーダー層が課題・問題性を認識し、更なる変革を意識していることは日本では出来てこなかっただけに一層シンガポールに注目すべきと感じます。(2012/01/18)

「田村耕太郎の「経世済民見聞録」」のバックナンバー

一覧

「絶頂期にあって苦悩するシンガポール」の著者

田村 耕太郎

田村 耕太郎(たむら・こうたろう)

前参議院議員

早稲田大学卒業、慶応大学大学院修了(MBA取得)、米デューク大学ロースクール修了(証券規制・会社法専攻)(法学修士号取得)、エール大学大学院修了(国際経済学科及び開発経済学科)経済学修士号。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

以前のコラムで、筆者が提案されたシンガポールの先進性を日本が学ぶことは、なお重要性を失うものではないと感じると同時に、筆者の指摘通り世界の手本となっている時期に国のリーダー層が課題・問題性を認識し、更なる変革を意識していることは日本では出来てこなかっただけに一層シンガポールに注目すべきと感じます。(2012/01/18)

>2000年からの10年間で見ると、103万人増加>高度な知識を持つ人材や富裕層をこの10年で100万人近く受け入れ出産分は少数のようですからGDPには即効性があるでしょうが、あと20年もすれば年寄り国家?今の方法が適しているこの環境は、どのみち長くは続かないと云うことですね。(2012/01/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長