• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「発情と欲望のビジネス」

ファンの心を鷲掴みにする韓流の極意

2012年1月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ご相談

 お恥ずかしい話、韓流ドラマにハマり、仕事も朦朧とする始末。このままではいけないと自己嫌悪しつつ自制も難しく…。仕事が二の次になってしまうそんなご経験は?(40代女性)

 遙から

 韓流ドラマにハマる方の心情を私は理解できる。冬ソナ以降、韓国ドラマは10年の間にリズムもテンポもクオリティもUPした。

 先日、韓国のベテラン俳優の来日ファンミーティングイベントがあった。「このクラスのスターの来日はおそらく今回限り」という知人に促され、世の女性を席巻し猛烈な勢いをもつ世界がどんなものか覗いてみようと、私は初参加することにした。

 日比谷公会堂という大型ホールを埋め尽くしたイベントだったが、中身自体は他愛もないものだった。ファンからの質問あり、クイズあり、疑似共演ごっこありという、「ファンってこういうレベルで喜ぶもんだろ」的な時間が延々続いた。

 私が興味深かったのは客席だった。

もはや“発情”だ

 高齢者が多い。男性も多いのが意外だったがすぐ謎も解けた。定年組が妻のハマる作品を自分も楽しんだ結果の参加だと読んだ。その妻にこそ私は意外な発見をした。全身真っ赤なスーツ、あるいはショッキングピンクのスーツ、着物や原色のチョゴリ…。この気合いの入り方。

 赤を着る女心は、「私を見て、気づいて」という願いだ。年齢から考慮しても日本人は地味な色合いを好む傾向にある。そこはフランス人とは違う。タンスの中にある地味な洋服の中から、やにわに真っ赤な勝負服を選ばせる感情は何か。

 私は断言しよう。これはもはや“発情”だ。

 高齢の妻の発情につきあって、妻を発情させた男に会いに出かける夫、という構図。それはそれで面白い。

 ステージのやり取りより、「何がこの女性にこの服を選ばせたのか」と妄想を膨らませているほうが刺激的だった。

 だいたい私の好奇心がおさまったところで知人に言った。
 「退屈。もう帰ろう」

 知人は驚いて私に言った。
 「いいんですか?最後にファンとスターの写真撮影がありますよ」

 「どうせ団体写真でしょ?」

 知人は地の底から響くような声で言った。
 「このクラスのスターと一緒に写真に写れるのは、これが、人生で1回きりのチャンスですよ。2度目はないですよ。本当によろしいんですね」

 「・・・・・」

「遙なるコンシェルジュ「男の悩み 女の嘆き」」のバックナンバー

一覧

「「発情と欲望のビジネス」」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長