• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

若者を魅了する「築50年団地」

2012年2月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

全国に約77万戸あるUR都市機構の公団住宅、その再生が京都市伏見区で始まった。民間の建築事務所を起用し、団地に縁の薄い20~30代の若者の取り込みを狙う。UR物件の多くは築50年以上。今後迫られる住宅ストック再生の試金石でもある。

 まずは、下の写真をご覧いただきたい。部屋に足を踏み入れると、無造作に白く塗られた壁面が目に飛び込んでくる。天井の配管類はむき出し。浴室はシャワーのみ。玄関もなく、代わりに、今時珍しい土間が部屋の両端に広がっている。

[1]京都市伏見区にあるUR都市機構の「観月橋団地」。(写真:山田 哲也)
[2]1戸ずつ、職人がリノベーション工事を施す(写真:山田 哲也)
[3]再生が完了した部屋の1つ。玄関の代わりに部屋の両端に広がる土間がある。むき出しの壁と天井が印象的(写真:山田 哲也)

 1LDKで37平方メートル、家賃は月額4万9500円。広いわけでもなければ、家賃も相場並み。だが、室内の個性は際立っている。

ターゲットは20~30代

 この部屋は、築50年以上の団地の一部屋を改修(リノベーション)したものだ。ほかにも、アイランドキッチン(室内で島のように独立したキッチン)を配した1LDKタイプ、畳部屋のある家族向けの2LDKタイプなど、6つの特徴ある部屋が用意されている。

[4]アイランドキッチンを配した部屋も。外観からは想像できないしゃれた間取りになっている(写真:山田 哲也)

 京都市伏見区で都市再生機構(UR都市機構)が進める「観月橋団地再生計画」。1960年代に供給された団地内の約540戸の住居を400戸に減らし、そのうち60戸の空き部屋を「再生」させ、リノベーション物件として貸し出すプロジェクトを進めている。

 観月橋団地は、最寄り駅まで10分足らず。駅前には商店街もある。立地条件は申し分なく、家賃も周辺相場よりは安いが、いかんせん建物が古い。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「若者を魅了する「築50年団地」」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長