• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

春節商戦、東西で明暗

2012年2月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

東日本大震災後初となる「春節商戦」は様相が一変。活況を呈する関西に対して、関東は前年割れが相次いだ。中国経済の減速や円高とともに、商戦自体が萎むリスクも。

 東京・銀座や秋葉原に大型バスで乗りつけ、百貨店や家電量販店に押し寄せる――。中国の旧正月、いわゆる「春節」の大型連休を利用した中国人観光客は、冬の風物詩になりつつある。だが、今年はかなり状況が異なるようだ。

 ある旅行代理店の社長は「中国では日本以上に原子力発電所の事故や放射能問題のニュースが放送されている。日本には『食』を楽しみに来る観光客が多い中、この現状では非常に厳しい」と漏らす。原発事故の影響は、中国人観光客の訪問先に如実に表れている。

 「正確に数を把握しているわけではないが、中国系の客が非常に多い印象。春節の期間を比べると昨年より観光客数は上回っているのではないか」(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)。この意見に代表されるように、大阪や京都を中心とする西日本の施設は原発事故の影響をものともせず、大勢の観光客でにぎわっている。

 物販も好調だ。高島屋大阪店の免税カウンターの取扱金額は、前年比で実に1.5倍を記録。大丸心斎橋店も前年を10%ほど上回ったという。

 一方、東京は厳しい。高島屋新宿店は前年比で2割減、松坂屋銀座店も前年割れとなった。「東京ではホテルも稼働率が上がらなかったと聞いている。昨秋からようやく客足が戻り始めたとはいえ、まだまだ関東は敬遠されているようだ」と関係者は打ち明ける。

 「西高東低」の様相を呈する震災後初めての春節商戦。変化はこれだけにとどまらない。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「春節商戦、東西で明暗」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長