• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ソニーの平井体制、「発足10カ月」の勝算

週1ミーティングは痛み伴う改革の下準備

  • 吉野 次郎,広岡 延隆

バックナンバー

2012年2月4日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ソニーの平井一夫副社長が今年4月1日付けで社長に就任する。10カ月前の昨年4月1日に、代表権を持つ副社長に昇格し、次期社長の最有力候補に踊り出た時から平井体制は始まっていた。

新社長への就任が決まった平井一夫副社長(写真:室川イサオ)

 副社長に任命されるやいなや、各部門の責任者を毎週1回、東京品川の本社の1室に集めて、夜遅くまでミーティングを開くことを恒例とした。メンバーはテレビやビデオ、オーディオ部門の今村昌志・事業本部長、デジタルカメラ部門の高木一郎・事業本部長、パソコン部門の鈴木国正・事業本部長、マーケティング担当役員の鹿野清・上級副社長、ソニー・コンピュータエンタテインメントのアンドリュー・ハウス社長、そしてビデオ会議で参加する米ソニー・ネットワークエンタテインメントインターナショナルのティム・シャーフ社長らだ。終了時間は決まっていない。

 「今度の新型タブレット端末はスマートフォンと操作性を統一すべきではないか」「音楽再生の仕方が違うのはいかがなものか」

 そんな議論が延々と繰り広げられる。議論が出尽くした頃、誰からともなく「さあ飲みに行こうか」との声が上がり、酒を酌み交わしながら延長線が始まる。

 縦割り組織の壁を取り払うとともに、平井氏が幅広い製品の開発状況に目を行き届かせるのが狙いだ。

創業当時への回帰

 今年6月の株主総会後に取締役会議長に退くハワード・ストリンガー会長兼社長CEO(最高経営責任者)が平井氏に残した宿題は余りに大きい。テレビ事業は2012年3月期まで8期連続の赤字が確実で、連結最終損益は2200億円の赤字に沈む見込みだ。

 ストリンガー氏はデジカメ、パソコン、テレビなど、製品ごとにバラバラに開発を進める部門を「サイロ」と評した。「ソニーユナイテッド」を標榜し、この縦割り組織の壁を取り払おうとしたが、目に見える形での成果はあげられなかった。

 跡を継ぐ平井氏は、「ソニーの世界観を統一する」と言う。各種製品の操作性やデザインなどを統一し、ソニー製品で消費者を囲い込むことで、業績回復を目指す。1週間に1度のミーティングはそのための意思統一の場となる。

 また、商品開発の状況を把握することで、大きくなりすぎた組織の弊害を取り除きたい考えだ。

 ソニーの規模が今よりずっと小さかった頃、井深大氏、盛田昭夫氏ら創業当時からの経営メンバーは、自ら頻繁に開発現場に足を運んでいた。どのような製品が開発されているのかを自分の目で確かめ、「行ける」と思えば、たとえリスクが大きくても商品化に大胆にゴーサインを出した。こうしてトランジスタラジオや「ウォークマン」「トリニトロン」など時代の1歩先を行く商品を次々と世に送り出した。

 だが、組織が大きくなるにつれ、トップが製品開発の全体像を把握するのが難しくなり、革新的な商品もなかなか生み出されなくなった。

コメント3件コメント/レビュー

あくまでも私見ですが、ウォークマンもシリーズがたくさん出ているが、だんだんダサくなってきている。部品もちゃっちく、安いだけの3流品に見える。昔はソニー製品を買ったら自慢できたのに。企業TOPの目に映るのはエンタメ中心で、出来上がってくるモノは、妥協の産物。ソニー大好きだったのに、がっかりです。次に買うメーカーを選定中です。できるだけ、日本メーカーがいいのですが・・。どこがいいでしょうか。(2012/02/07)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

あくまでも私見ですが、ウォークマンもシリーズがたくさん出ているが、だんだんダサくなってきている。部品もちゃっちく、安いだけの3流品に見える。昔はソニー製品を買ったら自慢できたのに。企業TOPの目に映るのはエンタメ中心で、出来上がってくるモノは、妥協の産物。ソニー大好きだったのに、がっかりです。次に買うメーカーを選定中です。できるだけ、日本メーカーがいいのですが・・。どこがいいでしょうか。(2012/02/07)

ソニーの凋落は、アメリカかぶれの経営効率化に始まった。もともとソニーの原動力は滅茶苦茶やる現場にあった。そしてその滅茶苦茶を影で支える経営陣があった。いつのころからか、ソニーの開発エンジニアの服装が変わっていった。ジーンズにTシャツが当たり前、開発部長がパンチパーマに口ひげ、だったのが、いつの間にかダークスーツに身を包み、週末はゴルフ三昧、になった。この頃からソニーは何一つ「ソニー商品」を生みだしていない。開発のリーダが現場を知らない?現場に行かない?そんなメーカに商品が生めるはずがないのは改めて口に出すまでもなく、誰の目にも明らかなこと。小手先(社長のすげ替え)で済む話では無い。根は深い。(愚痩子)(2012/02/06)

私自身オーディオ関連製品は、以前はSONY製が多かったのに、最近はApple製品に移っている。 同じ程度の物であればSONYを買いたいとは思うが、正直言って今はAppleに負けている。 『経営者のカリスマ性』なんて全く関係ない。 関連製品の『背骨』にあるのではないかと思う。 最初にMAC PCを買った、その後i-phoneが欲しいとは思うものの今の携帯を買ってから一年しか経っていないので、i-podを先に買ってしまった。 i-podを買って、接続ケーブルでMACに繋いだら、勝手(自動)にPCのi-Tunesから音楽等のデータの同期を始める。 SONYもずっと前からウォークマンだけでなく、音楽や映画のソフトも扱い、VIDEO等の映像技術も世界最高レベル。 それぞれが単独ではAppleに負けていないどころか、上回っていると思う。 ところが、使うものの立場から見るとどうしてもAppleが欲しくなる。 これはストリンガー会長も気付いていた様に夫々の事業の独立性が強すぎたからなのかも知れない。 7年もCEOをやっていても事業間の連携を実現出来なかったのがまさか『義理と人情』故とは思えないが、それ程大会社の事業部の壁を破るのは難しいという事だろうか。 まさか夫々の事業部長達は会社の発展よりも自分の事業部がかわいい、なんて事はないと思いますが、壁が崩せないなら事業部責任者を全員外す事も考えた方が良いかも知れない。 言いたい事は改革を短期間で実現するには、かなりのショック療法が必要という事です。 SONYも外国人株主が多くなっているので、『時間をかけてゆっくり改革』している事は許してもらえないだろう。 (2012/02/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長