• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

核燃料サイクル、見切り発車

2012年2月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

青森県六ケ所村で、使用済み燃料の再処理試験が再開する。原発事故の究明もエネルギー政策の方向性も待たずにだ。核燃料サイクル、ひいては原発の是非を見極める時が来た。

 東京電力・福島第1原子力発電所事故以来、国内の原発は続々と停止。このままいけば、2012年4月下旬に全国54基の原発すべてが停止する。いつ地元自治体が再稼働を容認するのか、政府が原発をエネルギー政策にどう位置づけるのか見えない状況が続く。

青森県六ケ所村、日本原燃の再処理工場。2月にも最終試験が再開される見通しだ

 そんな中、青森県六ケ所村の使用済み燃料の再処理工場が、実稼働に向けた最終試験の再開の準備を始めた。この工場を運営するのは、電力会社が出資する日本原燃だ。

 昨年12月26日、青森県の三村申吾知事は、日本原燃が事故を受けて策定した緊急安全対策を了承。日本原燃は、この了承を受けて試験の再開を決めた。同社は今回の決定を、「震災が起きなければ2011年4月にも再開する予定だった。試験再開の判断は事業者に委ねられている」と説明する。

 1月10日には、試験に向けて設備の確認作業を始めた。1月28日現在、設備に不具合が発生しているが、順調にいけば2月にも最終試験が始まる。使用済み燃料から生じる放射線レベルが極めて高い核分裂生成物、いわゆる「死の灰」をガラスで固めた「ガラス固化体」を作る試験だ。ガラス固化体は、地下300m以深へ埋設する「地層処分」することになっている。

 使用済み燃料の再処理は、高速増殖炉「もんじゅ」と並ぶ、「核燃料サイクル」の主要工程だ。使用済み燃料を再処理して、ウランとプルトニウムを取り出し、高速増殖炉に投入すれば、半永久的に発電できるという構想。資源を持たない日本にとって核燃料サイクルは、夢の発電方法と言われた。

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「核燃料サイクル、見切り発車」の著者

山根 小雪

山根 小雪(やまね・さゆき)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション、日経エコロジーを経て、2010年1月から日経ビジネス記者。エネルギーを中心に、自動車や素材など製造業を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授