• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

国家資本主義に苦悩し始めた中国

民意に逆らう投資はもはやできない?

2012年2月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国が、世界のエネルギー資源を買い漁り、南米やアフリカの農地にまで投資している。莫大な資金力(外貨準備)を背景に、素早く戦略的な投資を行う。その姿に羨望のまなざしを向ける先進国。

 前回は国家資本主義について書いた。今回は国家資本主義で苦悩し始めた中国の様子を紹介する。

 中国投資公社(CIC)は、アブダビ首長国が運営する国家ファンドと並ぶ世界最大の国家ファンドである。同公社のトップは、私のロースクールの先輩、ガオ・シン氏である。会うたびに、印象的な言葉を聞かされる。今回は「中国国家ファンドといえど、もはや民意に逆らう投資はできない」という話を聞いた。

 先週末、ドイルのメルケル首相が中国を訪問。広東省でのビジネスフォームに温家宝首相とそろって登場した。その際、温首相が「中国は、危機と闘う欧州にさらに協力する用意がある」と発言。欧州金融安定化基金と、まもなく設立されるもう1つの安定化基金、欧州安定化メカニズムへの出資をほのめかした。

 その際、「“中国は欧州を買おうとしている”と騒ぐ者がいる。しかし中国にそのような意図はないし、能力もない」とも発言。欧州の懸念を払しょくするよう努めた。

「中国は欧州を買わない!」は中国人民向けのシグナル

 私が思うに、温家宝首相のこの発言は、欧州向けというより、中国国内向けに発したサインであると思う。国民の反応を見極めるためのジャブではないだろうか。中国国民は、欧州救済のために外貨準備を利用することに大きな不満がある。

 以下の声が中国で増え始めているのだ。

 「自分たちが安い賃金で懸命に働いたおかげで、政府は外貨準備をため込むことができた。まさに爪に火をともす思いでためてきた。我々はまだその果実を味わうことができていない。世界一の外貨準備と言われても実感がない」
 「そろそろ中国国民のために使われると思っていたその外貨準備を、怠け者の欧州人を救済するために使うなんて言語道断だ!」
 「欧州人は働かないから借金漬けになっているのだ。そもそも今の欧州人は自分たち中国人よりずっと豊かだ。しかも医療や年金など、自分たちより進んだ社会保障まである。そんな欧州の国民を助けるために、まだ貧しくて外貨準備の恩恵にあずかっていない私たちがなぜ犠牲にならないといけないのだ」

コメント3

「田村耕太郎の「経世済民見聞録」」のバックナンバー

一覧

「国家資本主義に苦悩し始めた中国」の著者

田村 耕太郎

田村 耕太郎(たむら・こうたろう)

前参議院議員

早稲田大学卒業、慶応大学大学院修了(MBA取得)、米デューク大学ロースクール修了(証券規制・会社法専攻)(法学修士号取得)、エール大学大学院修了(国際経済学科及び開発経済学科)経済学修士号。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長