• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「国民目線」に「上から目線」。「目線」って何だ?

弱者寄りの態度と自己顕示

2012年2月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人気アイドルグループ、AKB48が2011年12月7日にリリースしたシングル曲には「上からマリコ」という、ちょっと不思議なタイトルが付いています。「マリコ」とは、このシングル曲でセンターを務める篠田麻里子(愛称・まりこ様)のこと。また「上から」とは、彼女がAKB48の中で最年長かつ高身長であることに由来する、とされています。

 いっぽう、曲の歌詞が表現しているのは「年上の彼女に翻弄される彼氏」の姿。「年上の君は自由奔放で次の行動が僕にも読めない」「人混みの中、急に振り向いて君は(僕に)キスをせがんだ」(歌詞より引用)といった具合です。つまり、この曲のテーマは「上から目線」。彼女が上位で、彼氏が下位にある恋愛関係です。

 ところでこの「目線」という言葉。かつて日本語の語彙には存在しませんでした。れっきとした新語なのです。それゆえ中高年世代の中には「目線ではなく、視線や視点など従来から存在する言葉を使うべきだ」とお考えの方も、多いのではないでしょうか。

 さて、ここで問題提起です。この目線という言葉は、本当に視線や視点などで代替できるのでしょうか。仮に代替が不可能だとすると、理由は何なのでしょうか。今回の「社会を映し出すコトバたち」は「目線」について考えたいと思います。

目線=目を向ける方向 or ものの考え方

 まずは目線という言葉の意味を把握しましょう。今回は辞書ではなく、筆者独自の分類を使います。筆者の考えでは、目線の意味は4種類あります。

 第1の意味は「舞台・映画・テレビなどに出演する人がカメラや観客などに向ける視線」のこと。この意味での目線は本来、舞台や放送などの分野に限って使用する専門用語でした(筆者が発見できた初出は1978年の書籍「笑解現代楽屋ことば」)。この目線という専門用語が、おそらく番組出演者の発言などを通じて一般化しました。今日では、「カメラ目線」(カメラを見る視線)などの表現が一般的になっています。

 一般化した時期は分かりません。ただ新聞記事で目線の登場率が増えるのは、少なくとも1990年代以降のことです(以下に示したグラフをご参照ください)。この新しさゆえに「目線は日本語として正しくない」という主張が存在するわけです。

コメント0

「社会を映し出すコトバたち」のバックナンバー

一覧

「「国民目線」に「上から目線」。「目線」って何だ?」の著者

もり ひろし

もり ひろし(もり・ひろし)

新語ウォッチャー(フリーライター)

CSK総合研究所を経て、1998年から新語専門のフリーライターに。辞書・雑誌・新聞・ウェブサイトなどに原稿を提供中。2009年より『現代用語の基礎知識』(自由国民社)で「流行現象」のコーナーを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長