• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「FRB廃止、金本位制復活、国連脱退」を支持する若者たち

過激候補ロン・ポールの実像と米国の憂鬱

2012年2月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米大統領選に向けた野党共和党の候補者選びが進んでいる。2月7日のコロラド州、ミネソタ州の党員集会ではリック・サントラム元上院議員が勝利し、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事とニュート・ギングリッチ元下院議長の争いに割って入る形になった。

 だが、あまり語られていないストーリーがある。もう1人の候補者、「リバタリアン」として知られるロン・ポール下院議員についてだ。彼は静かにではあるが幅広い若い層の投票者の心をつかんでいる。

ニックネームは「ドクター・ノー」

 CNNの出口調査によると、17~29歳のうちアイオワ州では48%がポール氏に入れた。ニューハンプシャー州では46%(18~29歳)と50%近い票を獲得した。サウスカロライナ州は31%(同)、ネバダ州でも41%(17~29歳)を得ており、いずれもこの年代でトップの得票率となった。

 現実にはポール氏が共和党候補者の座を勝ち取るには到らないと思われるが、若者の支持が彼に向かっているという事実は、今の有力候補たちの限界を物語っている。

 ポール氏は1935年、ペンシルベニア州ピッツバーグに生まれた。ノースカロライナ州のデューク大学メディカルスクールを修了し、医師となる。5年間米空軍の航空医官として働いた。そして、テキサス州で個人開業の婦人科医となり8年後、共和党員として政治の道に入る。1976年の下院選では民主党のロバート・ガメッジ議員に敗れるが、2年後の再挑戦で雪辱を果たした。途中、再び医療の道に戻るなど短い中断期間はあるが、1996年の選挙で下院議員として政界に復帰する。大統領選への挑戦は今回で3度目。1988年にはリバタリアン党の候補として、2008年には共和党候補として出馬した。

 20数年もの政治キャリアは、「ワシントンのインサイダー」を意味しているように見えるが、ポール氏は数少ない例外の1人だ。

 リバタリアンである彼は、連邦政府の役割を極端に限定し、完全自由市場の資本主義を擁護する。リートヴィヒ・フォン・ミーゼスやフリードリッヒ・ハイエク、マーレイ・ロスバートといったオーストリア経済学派の影響を受けたポール氏は、妥協を許さないリバタリアンとなった。自分の考えに合わなければ、所属する共和党に対しても反対票を投じてきた。イラク戦争への議会承認に反対した議員の1人だった。そして、議会の同僚から「ドクター・ノー」というニックネームで呼ばれるようになった。

コメント3件コメント/レビュー

その流れですと自由貿易や経済のグローバル化も否定するのでしょうね。とすると正しく第2次大戦以前への回帰です。少々古過ぎないのでしょうか?いっその事もう少し古くして鯨も捕れば良いのに。(2012/02/17)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「「FRB廃止、金本位制復活、国連脱退」を支持する若者たち」の著者

センズィン

センズィン(まいける・あーる・せんずぃん)

日経ビジネス ニューヨーク支局記者

2010年米ラトガース大学卒業後、日経BPニューヨーク支局に現地採用スタッフとして入社。スタートアップ企業に強い関心を持っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

その流れですと自由貿易や経済のグローバル化も否定するのでしょうね。とすると正しく第2次大戦以前への回帰です。少々古過ぎないのでしょうか?いっその事もう少し古くして鯨も捕れば良いのに。(2012/02/17)

>専門家の多くはそれを実行するのは不可能だと言うそりゃそうでしょうね。でも無いとは言い切れませんから、>在外米軍の完全撤退に備えて日本も早く普通の独立国になっておくようです。(2012/02/17)

マスメディアはポール氏の存在さえ報道することがほとんどないが、ポール氏こそがアメリカ市民にとっての本当の正義だ。正義が負けるのは世の常だが、じわじわと世の中が変わりつつあるのかもしれない。このまま刷り散らかしたドルの後始末をせずに、誤魔化し続ける事ができれば、それはそれで幸せなことかもしれない。しかし、臨界点を超えたとき何が起こるのか、もはや想像することもできないレベルに達してしまっているのではないだろうか。ポール氏の政治姿勢は今の世では現実的ではないのかもしれないが、これを少しでも現実のものにしていかないと、それこそ恐ろしい世の中になってしまうのではないだろうか。(2012/02/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長