• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

フェイスブックIPOで米西海岸に住宅ミニバブル

カリフォルニア州にも干天の慈雨?

2012年2月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2月1日に米証券取引委員会への新規株式公開(IPO)を申請した米フェイスブック。調達資金は約50億ドルと、2004年に米グーグルが上場時に調達した約19億ドルを大きく抜き去る、インターネット企業の久々の大型上場だ。

 景気が停滞する米国経済に恩恵を与えると、金融・政府関係者も期待するが、同時に、同社のストックオプションを保有する社員を当て込んだ商売が活況を呈し始めている。

 代表格は住宅市場。フェイスブック上場によって誕生する「IPOバイヤー」を狙った先物買いが始まっている。

 「株の売却益が入ったら、すぐに住み替えたいから、とびきりの物件を用意しておいて欲しい」。米サンフランシスコを拠点に活動する不動産仲介業者、ハーバー・プロパティーのカズ・ジョーンズ氏の下には最近、こんな注文が次々と舞い込んでいる。

無数の“フェイスブック長者”が誕生

 依頼主は、世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、フェイスブックで働く社員だ。同社は早ければ、数カ月後にも上場、約50億ドルの資金調達を果たすことになる。

 一部の従業員は、賞与の一貫としてストックオプションを与えられており、上場後、一定の期間を経た後にそれを行使し、多額の報酬を得る者もいる。フェイスブック上場の約半年後には、無数の「フェイスブック長者」が誕生すると見られている。

 「IPOバイヤー」――。にわかに大金を手にするフェイスブック社員を当て込んだ、高額ビジネスが、地元シリコンバレー周辺では活況を呈し始めている。

 その代表格が、冒頭に挙げた住宅市場だ。彼らの多くが購入を検討している住宅の平均価格は、300万ドル(約2億3000万円)~500万ドル(3億9000万円)。フェイスブックの本社を構えるメンロー・パークにほど近い、ロス・アルトスやアザートンが多く。典型的な間取りは4バス、4ベッドルームで4000スクウェアフィート(370平方メートル)にもなる。

 「かなりの高額物件でも、条件がよければ即座に買い手がつく。このエリアの物件は奪い合いになりつつある」。先の不動産仲介業者、ジョーンズ氏は指摘する。

 最近では、こうした地区の高級住宅を先物買いし、IPOバイヤーに転売しようとするファンドも登場。不動産仲介業者の下には、高額物件の購入依頼メールが日に日に増えている。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「フェイスブックIPOで米西海岸に住宅ミニバブル」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長