• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ペット葬儀」狂想曲

2012年3月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

野放しとなっているペット葬儀業界の規制に、民主党が乗り出した。移動火葬車を使った危険な葬儀も横行し、「ペットの最期」を巡る問題は後を絶たない。少子高齢化でペットが「家族」となり成長産業と化した業界は、どこに向かうのか。

 このままペット葬儀業を野放しにしていいのか――。

「位牌」などペット葬に関連するオプション商品も充実

 2月1日から始まった民主党「動物愛護対策ワーキングチーム」の会議は、わずか2週間で4回も開催される急ピッチで議論が進んでいる。1つの焦点は動物愛護管理法を改正し、ペット葬業者を規制対象にするかどうかだ。

 少子化と反比例するように、飛ぶように売れていくペットたち。家族同様に「過保護」に育てるケースが増えているが、法律上、死体になると「一般廃棄物」となる。

 そこで、ペットの死体を葬儀、埋葬する業者が急増している。ペットビジネスの調査を手がけるJPRによれば、ペット葬儀市場は250億円に上るという。だが、法規制がほとんど整備されていないため、悪徳業者が跋扈(ばっこ)する状況が続いている。

人間の墓に据えつけられた愛犬の墓(東京都内)。

石焼き芋のトラックで火葬

 中でも問題となっているのが「移動火葬車」。電話1本で死体を引き取り、簡単な「お別れの儀式」を済ませると、トラックに積んだ炉でペットを火葬する。だが、飼い主の自宅前での火葬は、悪臭や煤煙への苦情が出る。また、公園などの公共施設やショッピングセンターの駐車場などで、こっそり火葬する業者が後を絶たない。こうした問題に対して、自治体の中には移動火葬車を規制する動きもあるが、取り締まりは容易ではない。

コメント1

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「「ペット葬儀」狂想曲」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

日経おとなのOFF副編集長、浄土宗僧侶

京都市景観市民会議委員(2016年)、佛教文化学会会員。 1974年生まれ。成城大学文芸学部卒業後、報知新聞社へ入社。2005年日経BP社に入社。日経ビジネス記者などを歴任。2016年4月より日経おとなのOFF副編集長。浄土宗僧侶の顔も持つ。正覚寺副住職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手