• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

鹿島、効率性追求の「誤算」

2012年3月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 死者4人、行方不明1人という惨事となった岡山県倉敷市の海底トンネル事故。悲劇は2月7日、JX日鉱日石エネルギー水島製油所の工場間をつなぐ海底トンネル「第2パイプライン防護設備建設工事」の現場で発生した。トンネル工事を請け負っていたのは、大手ゼネコンの鹿島だった。

 「海底トンネルのスーパーゼネコン」

 東京湾アクアラインの海底トンネル工事も担った鹿島は、そう呼ばれていた。鹿島が得意とするのは、「シールド工法」と呼ばれる掘削手法だ。

 シールド工法とはスタート地点に縦穴(立て坑)を掘り、そこから掘削機械(シールドマシン)を地中に入れて、横穴を掘り進める工法だ。掘った断面は、崩壊を防ぐために「セグメント」と呼ばれる壁をはめ込んでトンネルにしていく。この壁は「側壁ブロック」と呼ばれる。

 シールド工法は、地上からの開削面積が少なくて済む。そのため、河川や海底以外にも、都市部の地下鉄や地下道、下水道の建設で多用されている。実績も多く、比較的安全な工法といわれていた。

壁が薄すぎる

 海水流入の原因は何か。トンネルの設計・施工を請け負っていた鹿島は、「トンネル天井部分のセグメント(壁)を取り付け中か、取り付け後に何らかの異常があり、壊れた可能性が高い」と発表した。海底の潜水調査では、トンネルの先端付近に直径約20メートルのくぼみが確認されている。海水はここから流入した可能性が高い。したがって、その付近のトンネルの壁が壊れて、海水が入ったわけだ。

 しかし、安全なはずのシールド工法で、なぜ、壁が壊れたのか。

コメント3

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「鹿島、効率性追求の「誤算」」の著者

武田 安恵

武田 安恵(たけだ・やすえ)

日経ビジネス記者

大学院卒業後、2006年日経ホーム出版(2008年に日経BPと合併)に入社。日経マネー編集部を経て、2011年より日経ビジネス編集部。主な担当分野はマクロ経済、金融、マーケット。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師